息子と私とキャンプと焚き火
シングルマザー生活を子供と一緒にたくさん楽しもう
シングルマザーと仕事

シングルマザーと仕事 仕事に就きたいけど預け先はどうしたらいい?

ービークレンズー「KOMBUCHA」×「チャコール」

子供が小さいうちは仕事のときは預けなければならない

シングルマザーになると働かなくては・・・。

そう思ってもなかなか就職先が見つからないし、子供が小さいうちは仕事中はどこかに預けないと働けない。

女性の就業率が上がったとはいえ、実際に仕事を探してみると現実はなかなか厳しいと感じる方も多いのではないでしょうか。

平日は保育園に預けて、土日に仕事があるときは実家に預けられるのが環境としてはベストだと思いますがそれが無理だと仕事の時間帯、休日、子供が急な病気のときに休めるか、など色々と考えなければなりません。

選択肢として挙げられるのが

自分の親

実家に一緒に住んでいる人や自分の親が近くに住んでいて、仕事に行くときに預けて行って終わったら迎えに行くというのが一番安心ですよね。

仕事が遅くなったりしても、実家なら延長料金もかからないしご飯を食べさせてもらうようにお願いもできます。

まだ両親が働いているのなら厳しいと思いますが、自分の母親だけでも働いておらず自宅にいるなら安心して任せることができます。

ただ、親とはいえ甘えっぱなしではなく預かってくれることに感謝してオムツは持参、食事代ぐらいは払っておくなどは必要だと思います。

いずれは集団生活を経験させるのに保育園に預ける予定でも、それまでは実家に預かってもらって就職して認可保育園に入りたいときには勤務先から就労証明書を出してもらえるというのは理想だと思います。

認可保育園

ひとり親だと保育園に優先されやすいと言われていますが、どこでもそうだとは限らないようです。

私が住んでいる地域は田舎なので、シングルマザーの人は大体入れましたが保育園激戦区と言われている都会の方はシングルマザーだからだという理由だけではなかなか難しいようです。

保育園に子供を入れるのは「預けなければならない状況」が必要になります。

(1)就労(居宅外労働)…
家庭の外で仕事をすることが通常なので、子どもの保育ができない
場合
(2)就労(居宅内労働)…
家庭で子どもと離れて日常の家事以外の仕事をすることが通常なの
で、子どもの保育ができない場合
(3)出産 …………………
出産の前後のため、子どもの保育ができない場合産前3か月、産後8
週間の翌日の属する日の月末)
4)病気等 ………………
病気や、心身に障がいがあるため、子どもの保育ができない場合
(5)介護 …………………
子どもの家庭に長期にわたる病人や心身に障がいのある人がいるた
め、その介護にあたっており、子どもの保育ができない場合
(6)災害…………………
火災・風水害・地震などの災害による家の損壊の復旧にあたってい
て、子どもの保育ができない場合
(7)求職活動 ……………
求職活動を積極的に行っている場合(起業準備を含む)
(8)その他 ………………
市長が認める、上記に類する状況にある場合(就学・DV・虐待等)

上記の理由について証明する書類が必要となります。

シングルマザーが働こうとする場合は居宅外・居宅内労働に関しての「就労証明書」が必要になります。
この「就労証明書」は勤務先に発行してもらうものになるので、仕事が決まっていないと保育園には入れないということになります。

預け先が見つからないと仕事が探せないのに、預け先に入れるためには勤務先の証明が必要なんて本当に矛盾していますよね。

私の周りには親戚や身内に自営業をしている人がいて、実際に働いていなくても就労証明書をとりあえず書いてもらって保育園に入園して、その間に仕事を見つけたという人がいました。

その他には在宅の仕事で定期的な収入があるなら、個人事業主として登録すると市役所や役場で就労証明を取ることもできます。

なんだか難しそうですが、実際は税務署に「個人事業の開業・廃業等届出書」という書類を提出するだけで手数料もかからず審査もなしで終わります。

在宅ワークで就労証明書を取ってそれを提出し、保育園に入ってから正式に仕事を探すということも可能です。

また廃業するときは同じく税務署に「個人事業の開業・廃業等届出書」を廃業した日から一ヶ月以内に提出すればオッケーです。
色々な方法があるので諦めないで試してみましょう。

無認可保育園

2019年10月から政府案で認可保育園、幼稚園、認定こども園の利用について、0~2歳児は住民税非課税世帯、3~5歳児は全世帯の無償化方針、認可外保育に3~5歳児は月3.7万円、住民税非課税世帯の0~2歳児は月4.2万円を上限に支援するという話が出ています。

今までは無認可保育園に預けると費用が高かったのでなかなか預けることが出来なかったり、預けて働いていても保育園代を払うと給料があまり残らずに何のために働いているのかわからなったりする方もいたと思いますが、この補助金制度が開始されるとそういった金銭的な問題がだいぶ緩和されるのではないでしょうか。

無認可保育園だと土日も預かってもらえたり、夜遅くまで預かってくれるところもあるので不規則な仕事をされているお母さんは無認可保育園に預けたい方もいると思いますのでライフスタイルに合わせて検討してみると良いと思います。

託児所付の職場

まずは託児所付の勤務先でパートで働いて就労証明書をもらい、保育園に入園してから正社員を探して就職した人もいます。
大体職場近くにある場合が多いので、送り迎えも便利ですし近くに子供がいると思うと働いていても安心ですよね。

託児所付の職場で多いのは、病院関係、介護関係、配達飲料、その他地元に密着している企業などがありますので、「〇〇市 仕事 託児所付」と調べてみると、思いの外色々出てきますので自分が住んでいる地域の募集を調べてみて下さい。

幼稚園

幼稚園は3歳から5歳までのお子さんが通えて、時間は大体9時から14時ぐらいが多いようです。

現在は延長をしている幼稚園も多いですが、フルタイムで働いているシングルマザーには時間的に少し厳しいかもしれないですね。

保育の時間内にパートなどで働けるならいいですね。

まとめ

・保育園に入れない状況でも諦めずに色々な方法を探してみよう
・実家 認可・無認可保育園 幼稚園 どこに預けるか状況とライフスタイルに合わせて考えよう
・託児付き職場も意外とあるので自分の住んでいる地域の求人を探してみよう 

※現在政府案の教育無償化の話が進んでおり、保育料や今後のことは不明確となっています。
詳細は御確認をお願い致します。

ダイエットのみかた