息子と私とキャンプと焚き火
シングルマザー生活を子供と一緒にたくさん楽しもう
シングルマザーと資格

シングルマザーにおすすめの資格 宅地建物取引士!勉強は今から始めよう

ービークレンズー「KOMBUCHA」×「チャコール」

宅地建物取引士の試験は毎年1回、10月の第3日曜日に実施されます。

スケジュールとしては7月1日から申込みを受け付け、インターネットは7月16日に締め切り、郵送での申し込みは7月31日締め切りです。

試験の申込みをしてからでも3ヶ月ぐらい試験日まで余裕があるので、申込みをしてから勉強を始める人が多いと思います。

年収400万以上を狙える!シングルマザーおすすめの資格《宅建》子供が大きくなってくるとどんどんお金がかかるようになるし、そのうち塾にも行かせたい、保険や年金もあるし自分の老後のことを考えると正社員で...

シングルマザーが宅地建物取引士の勉強を始めるのに、早すぎるなんてことはない


宅地建物取引士の勉強を早く始めすぎると、「中だるみする」とか「途中でやる気がなくなる」という声も聞きます。

確かに最初からあまりに飛ばしすぎて、途中でだらけてしまう気持ちも出てくるかもしれません。

ですが、宅地建物取引の試験はほとんどが「暗記」でなんとかなる試験です。

法律系の試験としては簡単な方ですが、勉強しないで受かる試験ではないですし、覚える内容は結構な量になりますので、時間に余裕を持って勉強を始めましょう。

ただでさえ、シングルマザーは仕事に家事に育児にと、非常に忙しい人が多いです。

その上勉強をするとなると、自分のスケジュール通りに進めていくことは難しくなりますので、余裕を持って早めに取り組むことをおすすめします。

シングルマザーが宅地建物取引士の勉強はいつから始めるのがベスト?


私としては、年明けすぐぐらいからでも始めて良いと思います。

というのは、子供の受験などがあるお母さんは3月は忙しい上に、卒業式や4月に入学式などもあり春はとてもバタバタしますよね。

受験や進学などがなくても、仕事でも3月4月はバタバタすると思います。

バタバタするのが落ち着いてからやろう、と思うとすぐに7月の申込みの時期になってしまい、この段階で全く勉強していないと、申込みして今から勉強しよう、という気持ちにはなかなかなれません。

宅地建物取引士の試験勉強は法律用語や専門用語が多いので、おそらく最初の頃は言葉の意味や文章を理解することが大変で、本を読むだけでも思ったより時間がかかると思います。

1冊の参考書を読んで理解できるまではそれなりに時間がかかる、ということになるとまずは早めに勉強を始めて、少しでも言葉の意味を覚えておいた方が、後々の勉強が間違いなくラクになります。

一度始めてしまえば覚悟を決めて続けられるものなのですが、「始める」ということになかなか踏み出せないんですよね。

歯医者に行くときのことを考えてみたりすると、よくわかると思います(笑)

とにかく「今年は宅地建物取引士の資格を絶対に取るぞ!」という気持ちで、まずは勉強を始めましょう。

宅地建物取引士の勉強が嫌になってきた


勉強を続けていると、おそらく一度はそういう時期が来るんじゃないかと思います。

私も勉強を続けてきて、子供が寝ているときに一人で黙々とひたすら勉強する時間がイヤになった時期がありました。

たぶんこの傾向は独学の方が強いと思います。

自分一人で勉強を進めていかなければならないので、理解度や進行具合がイマイチわかりにくく、一度下がったモチベーションを上げるのがなかなか難しいです。

ですが、やはり国家資格があると正社員に就職できる可能性や収入がグッと増えますので、「合格すれば一生もの」と考えて、なんとか試験日まで勉強を続けて合格しましょうね!

モチベーションが下がらないように勉強を続けるなら通信講座がおすすめ


私自身、試験勉強で独学を続けて合格した感想ですが、宅地建物取引士の試験を初めて受ける人は独学より通信講座が良いと思います。

自分なりに独学で勉強を続けて、わからなくてもとにかく勉強して過去問を解いて、あまり理解度が深まっていないまま試験を受けると、なかなか合格には結びつきにくいです。

私の場合はその前に行政書士の試験に合格していたので、法律用語や言葉の意味などはある程度理解がありましたが、全く初めてだとまず文章を読むだけで大変です。

それでも自分なりに努力して、いざ試験を受けてみて結果が「不合格」だったとすると、もう一年勉強をする気力はおそらく無くなると思います。

本気で宅地建物取引士の資格を取るなら通信講座で一発合格を狙おう


宅地建物取引士の試験は、やる気になって勉強すれば一発合格が充分狙える試験です。

むしろ、私の周りで真剣に勉強した人は大体一発で合格しています。

ただ、完全に独学で勉強して一発合格した人はやはり少ないんですね。

通学して合格した人もいますが、通学する必要まではないですし金額も高いので、通信講座で充分です。

通信講座もそれなりの金額がかかりますが、通学に比べると格段に安いですし、勉強の進め方や覚えておくべきポイント・間違いやすい箇所などをきちんと押さえています。

今はスマホでも学習出来る教材を用意しているスクールも多く、空いている時間を使って勉強しやすくなっています。

あとは、先ほどもお伝えしたように「勉強を始める」ことがまず第一です。

○○が終わったらやろう、とか落ち着いたらやろう、とか思っているとアッという間に時間が経ってしまいますので、まずは「始める」ことが大切です。

始めてしまえばあとは「やるしかない」ので、意外とスムーズに勉強が続くものですよ。

宅地建物取引士通信講座おすすめランキング

ランキング1位 フォーサイト
基礎講座+過去問講座にプラスして直前対策講座を受けることが出来ます値段はコースによって様々ですが4万円代から6万円代と値段はリーズナブルです。
単科講座を選択することも出来て、自分の実力によって色々なコースを選べるのも便利。
フォロー体制も充実していて非常におすすめです。
おすすめ度
受講費用 4万円代~6万円代
サポート 24時間メール受付 モチベーションが上がるブログやメルマガ
教育訓練給付制度 対象講座有り(要確認)

見やすいフルカラーテキスト、整理しやすく記憶に残る図解式テキスト、イメージがふくらむイラスト入りテキストに加えて、特許取得のフォーサイトオリジナルeラーニングシステム「道場破り」でパソコン、タブレット、スマホで学習を進めることが出来ます。
フォーサイトはフォローシステムが非常に充実しており、回数の上限はありますが24時間質問メール受付(返信は数日以内)、学習計画の立て方や賢脳レシピなどが書いてある受講生サポートブログ、講師・スタッフからの応援メッセージや時期ごとの学習の進め方のポイントなどが届くフォローメルマガなど勉強を続けて行ける様々な工夫がされているのでとてもお勧めです。
また教育訓練給付制度(一般教育訓練) に該当する場合は自分が対象になるか確認しておきましょう。
詳細ページ

 

ランキング2位 東京リーガルマインド

創業40年近くになる資格取得講座の大手かつ老舗のリーガルマインド。通信講座だと15万円からと値段はかなり高い方ですが、様々な割引制度がありますので4万円以上の値引きで受けられるものもあります(条件は公式HPを御確認下さい)
LEC受講生の2017年度の宅地建物取引士試験の合格率が72.1%となっており、約4人に3人が受かっていることになり高いけれど非常に信頼できる講座ですね。

おすすめ度
価格 10万円以上(時期によって割引あり)
サポート 教えてチューター、チアメールなど
教育訓練給付制度 対象講座有り(要確認)

初学者向けの講座の内容が非常に充実しているスクールです。
プレミアム合格フルコースでは、難しい専門用語を極力使わずに具体例で説明してくれるので初めて学ぶ方もとっつきやすい内容となっています。
Web講座とDVD講座がありWeb講座はインターネット環境があればいつでもどこでも受講出来るので通勤時間や家事の合間にも勉強することができます。
早割りや期間限定割引で金額がかなり安くなることもありますので、公式HPをチェックしてみて下さい。
フォロースタッフとのホットライン「教えてチューター」で質問したり、学習進捗度にあわせてフォローの「チアメール」などフォロー体制も細やかで安心です。
こちらも教育訓練給付制度(一般教育訓練) に自分が対象になるか確認しておきましょう。

 

公式ページはこちらから

 

ランキング3位 オンスク.jp
珍しい月額制のサイトで、月980円からと激安ですが、大手スクールTACのノウハウを活かした講義を行っています。
内容はウケホーダイライト 980円とウケホーダイスタンダード 1,480円があり問題演習の復習機能や講義音声ダウンロードはスタンダードのみとなっています。
ある程度勉強に自信のある向けです。
おすすめ度
価格 月額980円~
サポート なし
教育給付金制度 なし

公式ページはこちらから【オンスク.JP】

※このページで取り扱っている各講座の情報について、その内容の正確さを保証するものではありません。
各情報については公式ホームページで御確認いただきますようお願いします。
また、参考となる記事を提供するものであり、合格を保証するものではありませんのでご了承お願い致します。

シングルマザーは資格を取って年収アップさせよう


今まで特に資格がないまま働いていて、結婚して離婚、シングルマザーとして子供を育てていかなければならなくなったときに、年齢はすでに30歳を過ぎている、という人は非常に多いと思います。

私も正社員になろうと資格の勉強を始めたときはもう30歳でした。

ですが、そこから資格を取って就職できて、現在の収入は年収400万円を超えています。

年収400万円以上あれば住宅ローンも通って、シングルマザーでも自分の持ち家が可能です。

裕福というわけではないですが、我慢しなくてもある程度好きなことをして、好きなものを買って生活できています。

そして、一番良かったと思うことは、親にも男性にも頼らずに自分の生活を自分で出来る、ということです。

すごく精神的にラクですよ(笑)

シングルマザーのみなさん、今年の秋はぜひ宅地建物取引士に合格して、正社員目指しましょう!

ダイエットのみかた