息子と私とキャンプと焚き火
シングルマザー生活を子供と一緒にたくさん楽しもう
シングルマザーと仕事

シングルマザーの私が実際に就職の面接で聞かれたこと

ービークレンズー「KOMBUCHA」×「チャコール」

就職しようと思ったら漏れなくついてくるのが「面接」です。
私もそうでしたが、行ってみないとどんな人が面接をするのか、いつ何を聞かれるのか全くわからないので非常に緊張しますし不安ですよね。

シングルマザーの私が面接を受けて思ったこと

私はトータルすると10回以上面接に行って落ちているので5回目ぐらいからは慣れてしまって緊張もしなくなりましたが、もちろん好きで場数を踏んだわけではありません。

しかし、何度も面接を繰り返し受けていると同じような内容を聞かれることもあったのでスラスラ答えてしまったりして、「あれ?面接慣れしている人って面接官から見てどうなの?」と疑問に思い、あまりスラスラ答えずにちょっと緊張しているフリを演出したりもして色々と小細工をしたこともありました。

嫌な面接官に当たって非常に腹立たしい思いをしたことも何度かありまして、地元の小さい会社の面接に行ったりすると募集に書いてある条件と給料と時間帯が全然違ったり、年輩の面接官のから「あらー、離婚されてるの。お子さん小さいのに可哀想ね」などと、とんでもないことを言われて、こういう上司がいる会社で働くと大変だろうなと内定はもらったのですが自分からお断りしたことも何度かありました。

そんな面接官ばかりではないですが、そういう人もいるんだなと言うことは覚えておいた方がいいです。

実際に聞かれたことと私が答えたこと

・パソコンは使えますか?
「エクセルとワードなら使えます」
こちらの記事にも書きましたが、「できます」と答えました。
面接にはある程度のハッタリも必要です。

シングルマザーの私が就職活動のときにやっておいた4つのこと私が宅地建物取引士、管理業務主任者、行政書士の資格を取って現在の職場に就職出来たことは以前の記事で書かせていただきました。 htt...

・事務の経験はありますか?
「あります。」
事務職の面接に行ったらほぼ聞かれました。
派遣のときに1ヶ月ぐらいだけ事務をやったことがあったのですが、経験があることには変わりないので「あります」と答えました。

・お子さんが急な病気などにかかった場合、見てくれる人はいますか?
「います。両親が元気なので大丈夫です」
これも子供がいるのでほぼどこでも聞かれた質問になります。
親も当時忙しかったので病気でどうしても見てもらえないときは病児保育も検討していましたが、自分が会社に伝えて早く帰してもらえたり親にみてもらったりなんとかなりました。

・今後結婚する予定は?
これは2社と今の会社の面接で聞かれたのですが、本当はこういう質問はNGなのに田舎ですので聞いてくるところもあります。
「ありません。もう結婚はこりごりですので御社で長く働かせていただきたいです」と答えました。

・「残業は出来ますか?」
これも、時々聞かれました。
17時で終了の会社が多かったのですが、月に何時間か残業することもあると言われたので「大丈夫です」と答えておきました。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

・最後に何か聞きたいことはありますか?
これも時々聞かれました。
「今はありませんが、御社に入社させていただけたら聞きたいことはたくさん出てくると思いますのでその際はよろしくお願いします。採用していただけたら、子供を育てるためにも精一杯働かせていただきますのでご検討のほどよろしくお願い致します」
大体こんな感じで答えました。

他にも世間話のような話もしましたが、聞かれたことといえばこんな感じの内容が多かったです。

シングルマザーが面接を受けるときに心がけること

シングルマザーだから少々のことでは辞めないし頑張るぞ、という意気込みを面接のときにしっかり伝えてみて下さい。
やる気が伝われば、採用される確率もアップするはず!

私の周りにもシングルマザーで働いている人はたくさんいますが、子供の行事に休めないなんてこともないですし急病でどうにもならないときに絶対に休ませてもらえないというところも聞いたことはないです。
いざというときには看護師さんがいて病児を預かってくれる保育園もあるので、とにかく働き始めればなんとかなるというのが実際に働いてみての正直な感想です。

ですので、面接だからといって本当のことをバカ正直に答える必要はありません。
とにかく面接官に自分という人間をわかってもらう、やる気を伝えることが一番の近道であとは入ってからが本当の勝負です。

そして採用してもらえたら精一杯頑張って働く。
いつも真面目に頑張っている姿勢を認めてもらえていたら、いざというときに上司も少々の無理は聞いてくれます。

普段の行いも大切だということを覚えておきましょう。

もう一つ大事なこととして、シングルマザーというだけで色眼鏡で見てくる頭の固い年輩の人が面接することもあります。
私自身何度か経験しましたが、「お子さんはお母さんが働いて寂しがらないの?」とか「今の若い人は我慢が足りないから」とか今の時代では考えられないことを言われたこともあります(地元の家族でやっている小さい会社の社長とかが多い)

そういうところは面接を受けて帰って自分から断りました。
シングルマザーに全く理解のない職場は働いてからも嫌な思いをすると思うので、もし面接のときにあまりに不愉快な質問を受けたり態度をされた場合は「他にもっといいところがある」と考えて、自分から断る勇気も大切です。

ダイエットのみかた