息子と私とキャンプと焚き火
シングルマザー生活を子供と一緒にたくさん楽しもう
雑記

ステップファミリー失敗の経験談

我が家はシングルマザーと一人息子でしたが、数年前にパートナーも加わって三人家族になりました。

正式に籍は入れていなかったので、厳密に言えばステップファミリーではないのですが当初は楽しく上手く行っていたと思います。

ですが、暮らしていくにつれて、みんなの我慢がどんどん積もってきて、結局はパートナーが家を出ていき現在は子供との二人暮らしに戻りました。

ステップファミリーの崩壊


きっかけは息子の反抗期です。

中学になった子供の反抗期の矛先がパートナーにも向いてしまい、そこは所詮他人ですのでパートナーもそれを受け止めることもできず、息子も反抗期を抑えることができず、私も間に挟まってしまいました。

そこに実母の余計な干渉も加わって、みんな家に帰ってきても落ち着かずくつろげない状態になってしまいまい、ストレスが溜まっていきました。

結果話し合ってみんなが我慢して暮らすよりは、パートナーが出て行った方が丸く収まるということで、現在は別々に暮らしています。

他人は一緒に住んでも他人ということを実感した

我が家の場合ですが、他人は所詮他人なんだな、ということを実感した同居生活でした。

子供も私には文句を言えてもパートナーには遠慮して言いたいことが言えずにストレスが溜まっていく、私はそれをパートナーに伝えるがパートナーも後から入ってきた側なので色々と我慢しているのにさらにストレス、私は二人の間に入ってストレス、とみんなストレス溜まりました。

住んでいる家は私の家だし、母子家庭で私と子供が長年過ごしていたところに後から入ってきたパートナーも、色々と遠慮や我慢をしてきていたと思います。

家を出て行くという提案はパートナーからでしたが、以前から何度か考えていたということでした。

パートナーの性格は積極的に私の子供とコミュニケーションを取るというタイプではないのですが、、よくニュースで見るような再婚相手が子供の虐待なんてものは全くなく、そこは本当に非常に安心でした。

良くも悪くもパートナーと私の子供はある程度距離があったので、反抗期前でも特に仲が悪くもなく、かといって良いというわけでもなく至って普通、という感じでした。

パートナーが出ていってからの生活


いっそ離れてみると、みんなが楽になったので無理して三人でいなくて良かったと思いました。

金銭的にもパートナーにはお世話になっていなかったし、家は私が建てた家だし、パートナーが特に出て行ったからと困ったこともないです。

洗濯物やごはんを作る量が減ったので楽になった部分あります。

しかも、パートナーが出て行ってからは息子が今までやらなかったお手伝いを進んでやってくれるようになり、すごく頼もしくなりました。

当たり前ですが、自分もパートナーには気を使っていた部分はあったので、子供と二人の生活になったら自分のペースで生活できるのが非常に楽チンです。

ごはんも子供中心で作れば良いですし、量もそれほど多く作らなくて済むので時間も前よりかかりません。

子供も前よりノビノビ生活していますし、パートナーもおそらく窮屈な思いをしていたと思うので、今は一人暮らしで気楽だと思います。

別れたとかではないので、パートナーとは頻繁にやりとりしているし子供一緒に三人で出かけたり旅行もしていますし、用事があればお互いの家を行き来もしています。

住まいが別々になったというだけで、関係は全く変わっていません。

ステップファミリーを経験して勉強になったこと

子供と二人暮らしになってから思ったことは「パートナーと一緒に住んでいても、二人の子供がいるわけではないし、子供がある程度大きくなってからだとステップファミリーというのはなかなか面倒なものだな」ということでした。

まあ、私の忍耐力が足りないだけかもしれませんが・・・。

一緒に住んだのが子供が小さい頃なら別ですが、我が家の場合は子供が小学校4年生のときに同居したので、子供もパートナーのことをお父さんという感覚ではなかったし、私も子供のお父さんという感覚ではなかったです。

パートナー側からは子育てのことに関しては口出しは一切しなかったですし、私の子供とは当たり障りはない生活をしていました。

子供もパートナーと私が付き合っていたときから一緒に出かけたりしていましたし、うちに一緒に住むときも子供にも相談して決めたのですが、私とパートナーが家で二人で話をしていると自分が疎外感があり面白くなかったようです。

正式に籍を入れて一緒に住んで、そこから2人の子供が新たに産まれたという方はまた状況が全然違いますが、我が家の場合はそういった経緯で子供との二人暮らしに戻りました。

最終的にはパートナーと別々に住んだことでみんなの不満が全て解消され、現在は私も子供も非常にストレスの少ない生活を送れています。

ステップファミリー離婚率

ステップファミリーの離婚率ではないですが、日本での再婚からの離婚率は約50%ということです。

初婚は3組のうち1組は離婚するという確率ですが、再婚となると2組に1組は離婚している計算になります。

高いですよね!

でも、無理して一緒にいるのがいいのか、と聞かれたら私はそうとも思えません。

本当なら話し合いをして家庭が上手くいくのが一番いいでしょうし、昔の人から見たら「我慢が足りない」と思われるのかもしれませんが、離れた方が上手くいくなら無理して一緒にいる必要もないだろうな、と思っています。

逆の立場で私がパートナーとパートナーの子供がいる家に、一人でポンと入ったら上手くやれるかどうか自信がないです。

自分たちにとって一番楽な生活が一番いい関係

せっかく縁あって別々だった人間が一緒に住むようになったのだから、上手く行くように努力するのはもちろんですが、家族だからと無理に我慢を重ねて一緒にいるのは非常に大変ですし、みんながストレスになってしまいます。

ただ、「バツ2にはなりたくないし、世間体もあるから我慢したとしても一緒にいた方がいい」「別れると経済的にやっていけないから我慢しても一緒に暮した方が楽」「子供がパートナーになついているので、これ以上子供に寂しい思いをさせたくないから別れないで一緒にいたい」などなど、離れるより一緒にいた方がいいと自分が思えれば、それは全然ありですよね。

結局は自分たちにとって一番楽な気持ちで生活できるのが、一番いい関係だと思います。

私は離れて暮らした方がみんなが重荷が取れて楽だったのでこれで良かったと思っていますし、別々に暮らすよりは多少我慢しても一緒にいる方が良いという人もいるでしょう。

人によって色々な想いがあるので、自分と子供が一番幸せな方向を目指して行きたいですね。