息子と私とキャンプと焚き火
シングルマザー生活を子供と一緒にたくさん楽しもう
おでかけ

京都市内の観光に観光バスがとってもおすすめな理由

ービークレンズー「KOMBUCHA」×「チャコール」

今回の旅行で京都市内を一日半かけて観光してきました。

その際に観光バスに乗ったのですが、これが本当に良くて京都市内の見たいところをすごく効率的に見ることが出来ました。

ある程度京都のバスに詳しい人なら必要ないと思いますが、私のように京都は修学旅行以来行ったことがないような、全く詳しくない人なら観光バスはとてもオススメです。

京都市内の観光に観光バスがオススメな理由


京都市内を安く観光しようと思ったら、まず候補に出てくるのが「バス」と「地下鉄」になると思います。

地下鉄やバスが一日乗り放題になるお得なチケットも各種あるので、一日かけて観光を考えているなら、そちらを購入する人も多いのではないでしょうか。

ですが、今回定期観光バスに乗ってみて、正直「自分たちで地下鉄とバスで観光しなくて良かった」心の底から思いました。

その理由を書いていきます。

京都のバスは地元の人と観光客でかなり混むらしい

まず京都市自体が人口140万人を超える大都市で、通勤通学お買い物で地元の人たちが結構バスに乗ります。

さらに京都市と言えば、溢れんばかりの観光客が集まる一大観光地ですので、観光客もバスを利用すると混んで当たり前ですよね。

地下鉄とバスを乗り継いで目的地に行こうとしても、混んでいて乗れなかったりすると、次のバスまで待たなければなりません。

数分おきにバスが出ているバス停もあるようですが、逆に20分に一回しか来ないようなバス停もあるので、乗り損ねたらそこでかなりの時間をロスしてしまいます。

観光バスなら決まった時間に着いて、決まった時間に出発してくれるので時間のロスがないです。

定期観光バスなら必ず席に座ることが出来る

今回京都を定期観光バスで観光したのは「伏見稲荷大社」、「清水寺」、「金閣寺」、「嵐山」の四つです。

行くまであまり気にしていなかったのですが、「京都の観光地はどこに行ってもたくさん歩く」のです。

伏見稲荷大社の敷地は約87万平方メートル、清水寺は約13万平方メートル、金閣寺も約13万平方メートルと、どこもここも数字を言われてもよくわからないぐらいに広いです。

そして嵐山も全体が見所だらけですので、こちらでも一帯をメチャクチャ歩きます。

一日観光すると足がズタボロになります。

ちなみに、京都を一日観光した日の私の歩数は33000歩ぐらいでしたが、距離にすると20kmは歩いていることになります。

さらにバスや地下鉄に乗るのにバス停や駅まで歩いたり、乗ったとしても座れずに立ちっぱなしになると、行きたい観光地を回り切る前に疲れ切ってしまいます。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

定期観光バスだと予約をしておくので、バスでは席が決まっていて間違いなく座れるので、移動の時間足を休めることが出来ます。

正直、移動中にゆっくり座れなかったら、ここまでたくさん歩けなかったと思います。

観光地をたくさん回りたい人、足腰にあまり自信が無い人はは、観光バスに乗った方がたくさん見たいところを見ることができますよ。

観光バスは暑い日でもエアコンが入っていて快適

8月の京都は殺人的な暑さでした!

京都にいた二日間どちらも37℃を超えていて、京都は暑いと聞いていましたが、正直ここまで暑いとは思っていませんでした。

北海道で生まれて育った私たちにとっては、過酷な気温での観光となってしまい、とにかく外ならどこにいても暑くて、熱中症にならないようにするのにひたすら気をつけました。
(そのかいあってか京都では熱中症にはならなかった)

でも、観光バスの中はエアコンがあるのでとても快適♪

外で観光してバスに戻ったときに、バスの中は涼しいので本当に生き返りました。(アイドリング禁止の場所ではエンジンはかけられないそうです)

地下鉄や市営バスなどもエアコンは入っていると思いますが、待っている間はそうもいかないので、暑い日は観光バスは本当に快適でした。

観光地に行くまでに市営バスや地下鉄だけで行くと、物凄く時間がかかる

たとえば清水寺から金閣寺に行く場合ですが、

車で行くと約32分です

これを地下鉄と市営バスで行くと1時間以上かかります。

しかも、目的地まで行くのに合わせて20分近く歩かなければなりません。

時間はこの記事を書いている時間で調べましたが、昼間に調べても大体同じ感じです。

目的地でもたくさん歩いて、さらに移動で歩いて、移動時間もかかり、夏の暑い日なら苦行と言っても過言ではない、過酷な観光になってしまいます。

移動で時間がかかってしまうと、観光をする時間自体がだいぶ減ってしまうのももったいないですよね。

今回は行きたい観光地が京都市内で方向がバラバラだったので、余計に観光バスを使って正解でした。

観光バスのコースも様々なものがあるので、行きたい観光地が京都市内でバラバラになっている場合は、観光バスに乗った方が時間の短縮になり観光できる時間が増えます。

今回私が乗った観光バスはVELTRAさんで予約しました

海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】

こちらで予約した理由は息子が行きたいと言っていた「伏見稲荷大社」「清水寺」「金閣寺」を全て回れるコースがあったからです。

お値段は一人5,000円となっていて、金額をプラスしたら入場券付きや昼食付きプランもあります。

私は京都駅から出発のプランにしましたが大阪駅から出発もあるので、飛行機で大阪に着く人ならこちらの方が便利かもしれませんね。

また、観光バスの他にも「和菓子作り体験」や「染物体験」など各種体験も予約できるので、子供と行ったら夏休みの自由研究などにもいいと思います。

私も何か体験もやりたかったのですが、今回は時間がなかったので次回はぜひやってみたいです。

舞妓さん鑑賞や自分が舞妓さんになって写真を撮れる「舞妓・花魁体験」なんかもあるので、男性も女性も楽しめそうですね。

まとめ


京都の地下鉄は東西を走る東西線と、南北を走る「烏丸線」のみなので簡単ですが、バスは調べてもなかなかややこしいのと混んでいるのとで、地下鉄とバスのみで回るのは結構大変だと思います。

京都で二日目にタクシーに乗ったのですが、タクシーの運転手さんも「地元の人でも京都のバスはややこしいので、バスの事は聞かれてもわからん」と言っていました。

また地下鉄やバス停から目的地まで結構距離があることもあるので、観光重視で行くなら現地で歩く体力は残しておいて、極力移動で歩くのは少なくしておきたいところです。

今回観光バスで回って良かったところは、「効率良く観光地を回ることができる」「外は暑くてもバスは涼しい」「移動中は必ず座ることが出来る」などなど、とても便利でしたので、私のように京都慣れていない人には大変オススメです。

海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】
ダイエットのみかた