息子と私とキャンプと焚き火
シングルマザー生活を子供と一緒にたくさん楽しもう
冬キャンプ

冬キャンプにも活躍 大容量ポータブル電源SmartTap PowerArQ

ービークレンズー「KOMBUCHA」×「チャコール」

冬キャンプに行ってみたいけど寒そう、と思う方も多いですよね。

実際、行ってみると体が寒さに慣れてくるのでそれほどではないのですが、やはり朝方の冷えは対策をしておかないとかなり辛いです。

そんなときに心強いのが、薪ストーブや灯油ストーブ、電気毛布や湯たんぽです。

ただ、ストーブは基本的にはテント内での使用は禁止されており、使う場合は完全に自己責任になります。

インターネットで調べると、幕内でストーブをつけて冬キャンプをされている方がたくさんいますがみなさん換気には非常に気を使って、一酸化炭素センサーなどを使って中毒にならないようにしています。

冬キャンプの必需品ストーブ それぞれのメリット・デメリット冬キャンプってハードルが高いような気がしませんか? 雪があってすごく寒くて、とっても辛い修行のようなイメージがある方もいると思いま...

極力就寝時にはストーブを消して寝た方が安全ですが、湯たんぽと寝袋だけだと朝方の冷えが厳しい日は寒くて目が覚めてしまうこともあります。

そんな時に活躍するのが「電気毛布」なのですが、電気毛布を使おうとすると電源付きのサイトでキャンプをしなければなりません。

私がいつも行っているキャンプ場は通年営業しているですが、あいにく電源サイトはないため電気毛布を使いたくても使えません。

でも、冬キャンプでは暖かく快適に寝たい・・・・・ということでポータブル電源を購入しました。

ポータブル電源とは

2018年、地震で北海道が大停電になったときにも話題になりましたが、ポータブル電源とは「持ち運びが出来る電源」で、コンセントで充電しておけば容量分の電気をどこでも使うことが出来ます。

一般的に蓄電しておける容量が大きいほど値段は高くなりますが、大容量のものなら携帯の充電はもちろん、非常時にテレビを見たりパソコンを使ったりすることも出来てます。

寒い時期の車中泊やキャンプでも使っている方が多く、特に冬キャンプではストーブの他に電気毛布を使っている方をよく見かけるので、電源がない場所で冬キャンプをしている人は皆さんポータブル電源を持って行って電気毛布を使っているということですね。

価格は安いものでは1万円代から発売されており、高いものは6万円代のものもあります。

モバイルバッテリーは充電して持ち運びしながら携帯を充電出来るものですが、それの超大型版のようなイメージです。

冬キャンプで使うポータブル電源おすすめは?

電気毛布を使おうと思ってポータブル電源を購入する場合、それなりに容量の大きな物が必要になります。

というのも、電気毛布自体はそれほど電気を消費するのではないのですが、一晩つけておくとなるとそれなりに必要な電力が大きくなるのと、携帯のバッテリーと同じようにポータブル電源も寒い場所に置いておくと、通常より電気の消費が早くなり持ちが悪くなるからです。

私が持っている電気毛布(ダブルサイズなので一般の物より消費電力が多いです)

強で58wh 適温で32wh 弱で15whとなっています。

一晩適温に設定して8時間寝るとすると単純計算で256wh必要ということになります。

だとすると、300whの容量があるポータブル電源があればお釣りがくるということになるのですが、まず300whのポータブル電源を満タンに充電してもも、内蔵のリチウムイオン電池からAC100ボルトやUSB、DC12ボルトなどに変換されるときにロスが出るので300wh全ては使えません。

大体7割~8割ぐらいだと思います。

そして寒い場所だとリチウム電池の減りが早くなるので、さらにそこから8割ぐらいの容量ぐらいしか使えないと思っていたほうがいいです。

余裕を持って置くなら450wh以上の容量が欲しいところですね。

子供がいるならなおのこと、寒くてもうキャンプ行きたくないという苦い思い出を作りたくないので暖かく楽しく過ごしてもらうおうと私が買ったのが
ポータブル電源SmartTap PowerArQ
です。

ポータブル電源SmartTap PowerArQに決めた理由

大容量

まず、600whという圧倒的な大容量が決め手の一つになりました。

600whあれば、ロス分を引いて7割しか使えなくて、さらに寒さで8割しか使えなかったとしても336whとなり、電気毛布一晩なら余裕で使えて、さらに携帯の充電も出来ますね。

300whから400whぐらいの容量のポータプル電源でもお値段は3万円代から4万円代するので、もし買ってしまってから容量が足りなかったということになると、さすがに買い直すのはお財布に痛すぎます。

それなら多少高くても、何度も使うものなので最初から余裕を持って容量が大きいものを購入することにしました。

私は北海道住まいなので2018年の9月の大停電を経験しているのですが、電化製品をこれだけ使えれば災害などの非常時でも携帯やパソコンの充電はもちろん、テレビを見ることも出来て停電でも情報が入ってくるのでとても頼りになりますよね。

詳細ページ

国内正規アフターサポートと2年間保証

購入してから2年間の長期保証対象がついていて、故障の場合はカスタマーサポートで日本人スタッフに対応してもらえるのと、内蔵リチウムイオン蓄電池を新品に交換するサービスがあるので、もし年数が経ってリチウムイオン電池がダメになった場合も買い直すより安く使えると思いました。

海外製品だとサポートや保証の部分で明確になっていないとトラブルがあったときに不安ですし、リチウムイオン蓄電池の劣化のみで使えなくなったとしたら、買い換えるのも高い買い物なのでお金がかかるしもったいないですよね。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

買い換えるより安く対応してもらえて、こちらは業界唯一のサービスということなので、買った後の安心のことも考えて選びました。

また、最初からすぐにわかるような不具合が出ていれば保証期間ですぐに対応してもらえますが、1回使っても不具合なのかよくわからなくて次のシーズンに使おうと思ったら使えない、なんてことがあったら保証期間が過ぎている可能性もあります。

一年中使うものではないですし、何かあったときの際に2年保証がついているのは非常に安心だと思いました。

大容量の割にコンパクト

たたでさえ重たいものが多いキャンプ道具がたくさんあるのに、さらに持ち運ぶのに大きかったり重たかったりするとテントの中に入れても邪魔だし、大変ですよね。

SmartTap PowerArQの大きさは縦19.3cm 横30cmでかなりコンパクトです。

サイズがわかるようにと上から、箱ティッシュを横に置いて写してみました。

私が届いてから箱を開けて出したときに、一番最初に思ったことが「思ったよりコンパクト」でした。

重さも6kgで女性がキャンプに持っていっても軽々片手が持ち歩けるぐらいですし、テントの中に入れてもスペースを取らないので置いてあっても全く気になりません。

SmartTap PowerArQを実際に使ってみた感想

先日、雪中キャンプに行ったときに初めて使ってみました。

地面の冷えを防ぐために、グリーンシート、厚手レジャーシート×2、EVAフォームシート、厚手レジャーシート、敷電気毛布を重ねて敷きました。

テントの中はずっと灯油ストーブを付けっ放しにしていて、テント内の温度は10℃ぐらいです。

テントの下の部分ですが、スカートがないのでいたるところから外気が入り放題。
無理に換気しなくても、充分に外気が入ってくるのでストーブ付けっぱなしでも一酸化炭素中毒の心配はありませんでした。
(しつこいようですが、メーカーは禁止していますのでテント内でのストーブの使用は自己責任です)

夜の10時に毛布を暖めようと「強」にして30分ほど置いておき、11時ぐらいに「適温」にして就寝。
電気毛布の上で寝袋で寝ていたのですが、体の下がホカホカと暖かくてすごく気持ち良くてほどなく眠りました。

朝方3時半ぐらいに目が覚めました。

寒くてじゃなく、暑くてです!

このときに残量を見ると46%でしたので朝までは余裕で持つ計算になり、プラスでスマホを充電したとしてもこれ一台あればダブルの電気毛布で一泊二日は充分に持つことがわかりました。

私の使っている電気毛布は180cm×188cmで、これを子供と二人で使っているのですがかなり余裕があるので大人一人ーと子供二人でも全然寝られそうです。

子供とくっついて寝たら暖かいですし、とっても幸せですよ♪

SmartTap PowerArQのメリット・デメリットまとめ

デメリットを色々と考えてみたのですが、これと言って特にないんです。

色々なポータブル電源のレビューや感想を見ていると、他の製品で動作音が気になるという方の意見を見かけたのですが、SmartTap PowerArQ動作音はほとんど気になりませんでした。

人によるのかもしれないですが、注意してみたら聞こえるぐらいな感じで私は全く気にならなかったです。

充電も満タンまで8~9時間とそれほどかからないですし、これといったデメリットはまだ見つけていません。

これから使用を続けてみて、もしデメリットが発見出来たらご報告します。

メリット

・圧倒的な大容量、冬キャンプで一晩中電気毛布を使えて快適
・日本人スタッフによるサポートセンターがあるので万が一のときに安心
・2年保証で2シーズン目に不具合が見つかっても保証期間内
・大容量の割りにコンパクトでテント内に置いても気にならない
・重さ6kgで女性一人でも持ち運びラクラク

デメリット

・今のところこれといって無し

冬キャンプは寒いけれどとても楽しくて、子供を連れて行ったら喜ぶこと間違いなしです!

うちの息子も一度行ってハマって、また行きたいと行っているので今シーズン行けるだけ行こうと思っています。

もちろん外は寒いのですが寒い中での焚き火や暖かい飲み物、食べ物ははまた格別で、とにかく非日常を味わえるので大人が行ってもとても楽しくてハマると思います。

今年の冬休みは子供と一緒に冬キャンプなんてどうでしょうか?

きっとすごく楽しくて素敵な冬休みの思い出になりますよ。

詳細ページ

ダイエットのみかた