息子と私とキャンプと焚き火
シングルマザー生活を子供と一緒にたくさん楽しもう
キャンプ道具

冬キャンプの必需品ストーブ それぞれのメリット・デメリット

ービークレンズー「KOMBUCHA」×「チャコール」

冬キャンプってハードルが高いような気がしませんか?

雪があってすごく寒くて、とっても辛い修行のようなイメージがある方もいると思います。

でも、冬キャンプ用の道具を持って行けば寒い冬でも充分キャンプを楽しめますし、夏キャンプでは味わえない楽しさもあります。

この記事では、冬キャンプの必需品ストーブをご紹介して行きます。

キャンプのストーブ

ストーブを持って行かないで冬キャンプをしている人も中にはいるのですが、体験された勇気ある方のブログでのキャンプレポートを見ると、「自分もやってみたーい!」とは決して思わないはずです。

私もストーブが無いなら冬キャンプには行かないですし、北海道あたりだと凍死の可能性があるので、基本的に暖房器具なしのキャンプは耐寒好きとかでなければやらないほうがいいと思います。

では、キャンプに持って行けるストーブは色々あるのでそれぞれの特徴を見て行きましょう。

※テント内でのストーブの使用は各メーカーで禁止していますので、使用については自己責任になります。

電気ストーブ


一酸化炭素中毒の心配がない電気ストーブはもっとも安全で子供がいる方にはいちばんおすすめのストーブですが、デメリットもあります。

メリット

・一酸化炭素中毒の心配がない
・換気の必要がない
・すぐに火傷になるような温度にならない

電気ストーブ以外だと、一酸化炭素中毒の危険性があるのでテントの内の換気に気を使わなければならないですし、換気するたびに冷たい外気が入ってきてテント内の気温が下がるので、換気の必要がないのは非常に楽です。
また、直接火が出ているわけではないので多少近づいたり触ってしまっても、すぐに火傷になることも少ないです。

デメリット

・電源サイトでなければストーブが使えない。
・電力が大きいものだとブレーカーが落ちる可能性がある
・気温が常時マイナスの場合、力不足

電気ストーブを使おうとするとまず電源が必要ですが、ポータブル電源などでは全く持たないので必然的に電源サイトでなければなりません。

大体のキャンプ場の使用可能な電気量は1000Wのところが多いと思うのですが、ちょっと大きめの電気ストーブだと1000Wを超えてしまいます。

小型の物を買ってしまうとスペック不足になってしまい、秋までのキャンプでは大丈夫でも冬は寒くて他の暖房を追加しないと一晩テントの中で過ごすのは厳しいので、補助的に使うのにあると便利でしょう。

薪ストーブ


薪ストーブを持っていればキャンプのベテランの風格が感じられますよね。

実際にキャンプを初めていきなり薪ストーブを買う人は少ないと思いますが、中にはそういった強者もいることはいます。

では薪ストーブにはメリット・デメリットにはどんなことがあるでしょうか?

メリット

・キャンプで使うストーブの中では一番暖かいので、薪ストーブ一台あれば大丈夫
・ストーブの上に鍋などを置けるものならテント内で調理が出来る
・なんと言っても格好いい
・電源サイトじゃなくても大丈夫

キャンプで使うストーブの中では、薪ストーブが圧倒的に暖かいです。

私も使っている方のテントに入れてもらったことがありますが、ずっと付けっぱなしにしていたら暑いんじゃないかというぐらいの暖かさだったので、冬キャンプの強い味方です。

そして、薪ストーブにも色々ありますが薪ストーブを使っているだけでもうすごく格好いいですよね!

デメリット

・ストーブ自体が非常に熱くなるので、子供連れは火傷をしないよう気をつけなければならない
・組み立て、片付け、が結構手間がかかる
・薪がたくさん必要
・ストーブ全体が熱くなるのでテント内のレイアウトが難しい
・テントの加工が必要 きちんと加工しないとテントが燃える
・一晩薪は持たないので、夜中に何度か薪を足さなければならない
・薪を買うと結構高い
・一酸化炭素中毒の危険があるので換気が必要

薪ストーブ本体が大変熱く、きちんと薪が燃えている状態だと250℃ぐらいまで上がります。

もちろん触るとすぐに火傷になるので、もしお子さんがいると火傷をしないようカードをつけなければなりませんし、テントが近くになる場所にも置けないのでテント内のレイアウトが難しくなります。

また、薪ストーブはバラして持っていけるようになっている物が多いですが、現地に着いて組み立ててテントにセッティングして、帰るときはまたバラしてと、持ってきている人の様子を見ていると慣れるまでちょっと大変そうな感じがしました(自分が面倒臭がりなので)

薪ストーブの煙突はテントから出して使うのですが、皆さん大体テントに加工をして煙突穴を作ったり、板などで煙突とテントの幕が当たらないようにして使っています。

この加工が上手く出来ていないと、薪ストーブが快調に燃えているときにテントが焦げたり焼けたりします。

実際にキャンプ場で焦げたテントを見たことがあるのですが、もし寝ている最中に燃えたりすると非常に危ないので薪ストーブをテント内で使用する際は、煙突やストーブがテントに当たらないように充分注意しましょう。

最後に燃料としての薪ですが、一泊二日のキャンプで必要な量だと木の種類や大きさによっても変わってくるのですが、色々な方のブログを見ていると20~30kgという意見が多かったです。

キャンプ場やホームセンターで一束500円から800円ぐらいで売っているのをよく見かけるので、3束買ったとして平均一晩で2000円ぐらいでしょうか。

真冬だと一日中薪ストーブ焚きっぱなしなので、余裕を持って4束で2500円ぐらいだとすると・・・結構かかりますよね。

知り合いから安く薪を譲ってもらえたり、建築端材をもらえるところがあったりと、何かツテがあれば費用は安くなりますが全て買って賄うとそれなりの出費となります。

灯油ストーブ


灯油ストーブは私が愛用していて、感想は非常に使いやすいです。

フジカハイペットでキャンプを快適に過ごそう冬キャンプの必需品といえば「ストーブ」ですね。 薪ストーブや灯油ストーブがあれば、冬でも快適に過ごすことが出来ます。 我が家...

熱量こそ薪ストーブには劣りますが、寝る前にタンクに満タンに灯油を入れておけば一晩中付けておいても朝まで持ちますし(もちろん換気は充分にしてます)、メーカーにもよりますがテント内はかなり暖かくなります。

灯油は非常に手に入りやすいのでキャンプに行く途中で買っていけますし、タンクの中に灯油を入れたまま車で移動しても灯油が漏れないものもあって手軽に使えるところが非常に魅力です。

私が使っているのはフジカハイペットというストーブです。

すごく冷え込んだ日に、家の中の蓄熱暖房機だけでは少し寒いことがあるので、普通に家の中でも使っています。

メリット

・売っている場所が多いので、燃料が手に入りやすい
・電気やガスストーブに比べてかなり暖かい
・コンパクトで、灯油を入れたまま運べる物もあるので手軽に使える
・電源が要らないので、どこでも使える
・上に鍋などを置けるものもあるので、テント内で調理が出来る
・直接チャッカンマンなどで火をつけるものは電池もいらない
・家の中でも使えるので防災用としても◎

デメリット

・物によっては、運ぶときに一回一回灯油を抜かなければならないものがある
・薪ストーブほどの熱量はない
・何年かに一度芯の取替えは必要
・一酸化炭素中毒の危険があるので換気が必要

フジカハイペットでお話させていただくと、タンクの容量は3.6ℓで夜の11時に満タンに入れて寝て、朝8時に見たときでもまだ4分の1ぐらい灯油が残っていました。

私は10ℓの携行缶に予備として灯油を持って行っていますが、日中使う分を入れても5ℓ、余裕を持って7ℓぐらいあれば丸一日ずっとつけていてもいけるんじゃないかと思います。

2018年12月現在の北海道の灯油の値段が100円前後なので、一泊二日の燃料代が700円ほどで済む計算になります。

薪ストーブと比べるとかなりお財布に優しいですよね。

電池を入れて着火させるものと、直接真ん中にチャッカマンなどで火をつけるものとありますが、いずれにしても電源は必要なくどこでも使えます。

薪ストーブに比べて大きさもコンパクトですし、薪ストーブほどガンガン熱が来るというほどではないですが調理も充分に出来るのでテント内でちょっとしたものを焼いたり、煮込み料理を作ったり暖かいテント内で食事を楽しめますよ。

何年かに一度は芯の交換が必要ですが、大体皆さん5、6年は持っているようなのでごくごくたまにでよいのと、替え芯自体も3000円ぐらいと安いのでメンテナンス代も大したかかりませんので、特に女性がメインのキャンプには非常におすすめのストーブです。

ガスストーブ

ガスストーブも色々なメーカーから出ていますが、大体は同じぐらいの熱量でカセットコンロで使っているガスを使います。

ガスストーブはピンポイントに自分の前に置いておけばそれなりに暖かいですが、冬のテントの中を暖めるほどの熱量はないです。

私も一つ持っているのですが、正直あまり使っていません・・・。

安いカセットボンベガスだと、非常に寒さに弱いので気温がマイナスになると物凄くつきにくくなり、下手するとカチッカチッとむなしい音が響くだけで火がつきません。

そこで低い気温でも使えるカセットボンベガスを買うとなると、1本300円ぐらいしてしまうので一日中使ったら薪ストーブと変わらないぐらいの光熱費になってしまいます。

非常にコンパクトなので荷物を極力減らして行かなければならない場合や、秋の少し寒い日に手足を温めるように持って行くなどの用途で使用するにはとても便利です。

メリット

・とてもコンパクトで軽いので持ち運びに便利
・カセットコンロだけあればすぐに使えるので手軽
・電源が必要ないのでどこでもに使えるし電池もいらない

デメリット

・ガスストーブだけでは冬のキャンプでは寒い
・気温が低いと普通のカセットボンベではつかないし、冬用のカセットボンベは値段が高い
・一酸化炭素中毒の危険はあるので換気は必要

母子キャンプ・女子キャンプにおすすめのストーブは?

私の一番のおすすめは「灯油ストーブ」です。

特に、灯油を入れたまま持ち運べるタイプの物は、都度灯油を抜く必要がないのでとても楽です。

重さも女性が一人で持てるぐらいの重さですし、薪ストーブのように現地で組み立てたり、帰るときにバラしたりする必要もありません。

灯油はどこでも買えて手に入りやすいですし、冬キャンプでも充分に活躍してくれる熱量があります。

自分が実際に使ってみて、非常におすすめできるストーブです。

まとめ


ストーブについて、それぞれのメリット・デメリットを書かせていただきました。

私のおすすめは灯油ストーブですが、それぞれに良い部分も悪い部分があるので、自分が使う季節、テントの大きさ、人数に合わせて選ぶことが大事です。

真冬にキャンプに行かないなら、電源サイトで電気ストーブと電気毛布があれば充分ですし、狭いテントで寝る前に「寒いからちょっと暖めたい」というぐらいならガスストーブでも良く、灯油ストーブや薪ストーブはいりません。

逆に冬キャンプをしたい、というなら「灯油ストーブ」か「薪ストーブ」の二択になるでしょう。

ダイエットのみかた