息子と私とキャンプと焚き火
シングルマザー生活を子供と一緒にたくさん楽しもう
冬キャンプ

冬キャンプを楽しむための服装は?どんな服を着ていけばいい?

冬キャンプは寒いです。

ですが、装備をきちんとしていけば外にいても寒さを凌げますし、焚き火にあたったり暖かい飲み物を飲んだりテントの中に入ったりして楽しく過ごせます。

冬キャンプの必需品ストーブ それぞれのメリット・デメリット冬キャンプってハードルが高いような気がしませんか? 雪があってすごく寒くて、とっても辛い修行のようなイメージがある方もいると思いま...
冬キャンプにも活躍 大容量ポータブル電源SmartTap PowerArQ冬キャンプに行ってみたいけど寒そう、と思う方も多いですよね。 実際、行ってみると体が寒さに慣れてくるのでそれほどではないのですが、...

では、実際にキャンプに行くときにどんな格好をしていけばいいでしょうか。

実際に私と子供が着て行ってる服装をご紹介します。

インナー

まず私が着ているインナーですがヒートテック系のインナーを上下2枚重ねしています。

一枚は普通の薄いものをまず着て、もう一枚は極暖系など普通の冬用インナーより厚めの暖かい物を二枚目に着るという重ね着スタイルです。

重ね着すると一枚で着ているよりかなり暖かく、私が先日行ったキャンプでの気温は日中で2℃ぐらいだったのですが、とても快適に過ごすことが出来ました。

キャンプ当日自宅でキャンプの準備をしているときに、後で着るが面倒だからと先にインナーを重ね着してしまい、荷物を運んだり車に積んでいるときに物凄く暑くて、汗がすごく出て後悔したぐらいなので一枚で着るより間違いなく暖かいです。

夜も寝袋の中では上着などは脱いでインナーの二枚重ねの上下のみで寝ています。

寝袋は自分の体温で寝袋の空気を暖めて保温するので、あまりに着込んで寝ると寝袋自体の保温効果が発揮されずいつまでたっても暖かくならないです。

暖かくなったとすると、それは寝袋自体の効果ではなくたくさん着込んでいる服のおかげで暖かいのですが、寝袋の中で厚着をして寝ると疲れが取れないですし、寝苦しくて寝つきが悪いので寝袋の中では極力薄着でいられるよう暖かいインナーの重ね着と、冬用の寝袋を用意しましょう。

私も秋のキャンプで3シーズンの寝袋を持って行ったとき、夜が思ったより冷えたのでズボンを履いて、ジャンバーを着て寝たのですが、思ったより暖かくないのと、朝方の疲れの残り方がいつもと全然違ってビックリしまた。

インナーの上に薄手の長袖を着て、その上にパーカーを着ました。

下はジーンズを履いて、靴下は薄いものを履いてから厚いものを履くという二枚重ねをしています。

足元は特に大事にしたいところで夜になって気温が下がってくると、まず足元から急激に冷えて来るので充分に暖かくして行きましょう。

靴も防寒用の物を用意した方が良いですし、私は足首が冷えるのが辛いので寒さが強い日は膝から足首までのレッグウォーマーを追加で履いています。

上着


上着はまず上下で風を通さないものを揃えましょう。

冬の屋外は気温が低いのが日常ですが、さらに風がふくと物凄く体が冷えてきます。

もちろん風がない日にキャンプをするにこしたことはないのですが、せっかくキャンプの予定を入れたのに多少の風でキャンセルしてしまうのはもったいないのでしっかり防寒して行きましょう!

風を通さないと言ってもそれほど大げさなものではなく、スポーツ店や量販店のウィンドブレーカーなどで大丈夫です。
上下合わせて着ていれば、多少の風がふいても気にせずに過ごすことが出来ます。

私が着ているのが上記のIGNIOのウインドブレーカーです。

お値段は格安ですが、着ているのと着ていないのとでは段違いで暖かくなります。

冬キャンプでの服装の基本は「重ね着」になりますので、普通にインナー一枚、服も一枚の上にこれを着ても寒いですが、インナーも服も重ね着することによって安いウインドブレーカーでも冬の外で活躍してくれるようになりますよ。

もちろん、高くて暖かい高性能の服や上着もたくさんあるのですが、そういった物はお値段も高くなりますので、無理をしなくて大丈夫です。

キャンプ道具を一から最低限揃えるとすると、安いものから買っていってもそれなりにお金はかかるので出来れば自分の家にあるもの、百均などで買える物、安く抑えられるものを優先して行きましょう。

キャンプを続けて行くと、間違いなく色々と欲しいものが増えていくのでまずは無理せずに出来る範囲で使えるものを使って、本当に必要な物にはお金をかけるようにしていくのがいいですよ。

そして、最後に着るものはには自分が持っている中で一番暖かいジャンバーかコートになるのですが、焚き火やバーベキューで相当においが付くので、臭くなっても良いものを着て行くか冬キャンプ用に一枚用意しておくかしましょう。

消臭剤をかけたり時間を置いても取れない臭いですし、キャンプに行くたびにクリーニングに出すと余計にお金がかかるので、割り切って一枚キャンプ用にした方が節約になります。

子供の服装は親と同じで大丈夫?

子供はインナーと服は大人よりインナーを上下一枚ずつ少なく着せて大丈夫です。

私も子供が寒い思いをしないようにといつも私と同じぐらい厚着をさせていましたが、必ず暑がります。

インナーは脱ごうと思っても脱ぎにくいので、結局上着を脱いでしまうのですが上着を脱ぐと着たら暑いし脱ぐと寒いしという中途半端な防寒になりやすいので、最初からインナーは一枚ずつ減らして着せてちょうどいいぐらいでした。

お子さんと冬に外遊びをしたときに、自分は寒いのに子供は暑がった経験がある方も多いと思いますが、子供は体温が高いのと活動量が多いのとで大人より寒さに強いです。

暑がって汗をかきすぎる方が風邪などの原因になりやすいので、寒くなく暑くもなりすぎない適度な服装をさせてあげましょう。

ただ、中には寒さに弱いお子さんもいるので寒かったら羽織れるブランケットを持って行ったりすると子供が寒がったとき安心ですし、使わなければ寝るときに寝袋の上にかければ多少暖かくなるので、一枚あると便利ですよ。

その他

手袋は必ず必要ですが、現地に行くと軍手を履いていることの方が多いので暖かい冬用の軍手の方が便利です。

子供も焚き火に薪をくべたがったり、テント設営のお手伝いをしたがると思いますで手袋よりは軍手を履かせてあげた方が脱いだりはめたりしなくて良いので、最初から軍手を履かせてあげましょう。

子供の頃を思い出すと覚えている方もいると思いますが、耳が冷えすぎると痛いぐらいになってきますので帽子やイヤーウォーマーなどを持って行きましょう。

忘れがちなのが、ネックウォーマーです。

首元が出ていると冷たい空気が服の方まで入ってきて、物凄く胸元が寒くなるのでネックウォーマーを必ず持っていくかタートルネックの服を着て行くなど対策をしましょう。

熱を出したときに首を冷やすと効果的と言われているのは、動脈など太い血管があるからなので極力首元は冷やさないように覆うように心がけてください。

冬キャンプの服装まとめ

・インナーはヒートテック系のインナーを二枚、服も長袖二枚を重ね着しよう
・安くてもいいので風を通さないウィンドブレーカーなどの上下を着る
・ジャンバーやダウンジャケットなどは焚き火や炭の臭いがつくのでキャンプ用の物を一枚用意したほうが良い
・子供はインナーの重ね着をせずに一枚で大丈夫だが、万が一のためにブランケットなど羽織れるものがあった方が安心
・首元を暖めると冷えが軽減されるのでネックウォーマーなどを忘れずに