息子と私とキャンプと焚き火
シングルマザー生活を子供と一緒にたくさん楽しもう
シングルマザーと家

母子家庭でも大丈夫? シングルマザーが賃貸物件を探すコツ

ービークレンズー「KOMBUCHA」×「チャコール」

自分と子供が住む部屋を探したいけれど、まずどうしたらいいんだろう・・・。

初めて部屋探しをするときは、どうしたら良いかわからなくて悩んでしまいますよね。

もし、子供と一緒に住む部屋を借りたいと思った場合にどういう流れで部屋を探していけば良いかをまとめます。

おたかな
おたかな
僕、部屋を借りるんだ!
引越ししたら遊びに来てね
おさかな
おさかな
いいわね、もう部屋は決まったの?
おたかな
おたかな
今探している最中なんだ。新しくて家賃が3万円で、2LDKで車が2台停められて、日当たりのいい部屋を探しているんだ
おさかな
おさかな
そんな部屋あるわけないじゃない!
それじゃあいつまで経っても引越しできないわよ。

自分が探す条件を明確にする

部屋探しをするときに、まずインターネットで探したり不動産会社に行ったりすると思いますが、家賃はいくらまで払えるか、引越しする時期はいつにするか、間取りはどのくらい必要か、駐車場は必要か、ペットは飼育するか、場所はどの辺りで探すか、

最低限このぐらいを決めてから探すと、インターネットで検索をかけても不動産会社に行ってもスムーズに探せます。

条件を決めないで探してしまうと、気に入った部屋があったけど車があるのに駐車場が無い、この部屋に決めたいけど引越し時期が先過ぎて大家さんに断られる、部屋はすごくいいけど子供の学校が遠すぎるなど、なかなか決められないまま時間だけが過ぎて行ってしまいます。

不動産会社に行って探すときも、担当になった営業のスタッフから「どんな条件でお探しですか?」ということを聞かれますので、ある程度決めてから行かないと不動産会社の人もなかなか提案ができないものです。

ただ、そのときにあまりに条件を指定してしまうと逆に該当する物件自体がなくなってしまいますので、こだわり過ぎないことも必要でしょう。

上のおたかなさんのように探してしまうと、物件がなくて引越し自体が出来ないという状態になりかねません。

ある程度条件は決めておくけれど、少し外れた条件でも妥協できるぐらいがちょうどいいです。

直接不動産会社に行っても大丈夫?


今はスマホで賃貸物件を探せるサイトがたくさんあるので、インターネットである程度物件の目星をつけてからお問い合わせする方も多いと思います。

もちろんそれで大丈夫ですし、条件さえある程度決まっていれば特にこの物件が見たいなど決まっていなくても不動産会社に直接行って大丈夫です。

営業さんはプロなので、インターネットに載っていない物件にも詳しいですし、条件通りではなくても妥協出来そうな、出来るだけ条件に近い物件を探してくれます。

ただ、予約などをせずにいきなり行ってしまうと、忙しい場合は対応できる営業スタッフがいないこともあるので、出来れば「○月○日何時に部屋探しに行きます」と予約してから行く方が間違いないでしょう。

特に、土日や2~3月は賃貸物件を扱っている不動産会社はとても忙しいので、急に時間が空いて部屋探しに行きたいと思った場合でも、来店する前にこれからお店に行っても大丈夫かを確認してから行くようにすると、行ったはいいけど待たされた、誰も対応出来るスタッフがいなかったということを避けられます。

不動産会社側の方でも、希望の日時が埋まっていても「何時なら大丈夫ですがいかがですか?」という声かけをしてくれると思いますので、思い立ったらまずは連絡してみましょう。

不動産会社は色々なところを回ったほうがいいの?

私が住んでいる地域だと、大手の不動産会社は扱っている物件が大体同じです。

現在は、大家さんも色々なところに募集の依頼をかけていますし、それぞれの会社で自社の管理物件を持っているのですが、それも他の不動産会社に依頼して募集をかけています。

インターネットで色々な不動産会社のサイトを見ていると、どこのHPを見ても同じ物件が載っているということがたくさんあると思いますが、そういった理由です。

担当の営業さんに「○○のHPに載っていた物件もこちらで見せてもらえますか?」と聞いてみると大体は「大丈夫です」と言ってもらえると思いますので、基本的にはどこの不動産会社に行っても大丈夫です。

たくさんの会社を回るのも大変ですので、もし気に入った物件があって、「この物件は当社では紹介出来ません」と言われたらその物件に関してだけ取り扱いっている会社に行けば良いでしょう。

ただ、自分の担当になった人の対応が気になったり、不信感がある場合には違う会社に行くことをおすすめします。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

中にはだらしなかったり、忘れっぽい人間もいますので、契約した部屋の入居が間に合わなかったり、トラブルになることもあります。

自分が「この人に契約を任せるのは不安だ」と感じましたら、不要なトラブルを避けるためにも違う不動産会社に行ってみることをおすすめします。

部屋を探すとき、条件以外に伝えておいた方がいいこと・確認した方がいいこと

シングルマザーということは伝えておこう

シングルマザーだからと言って断られることはほぼ無いですが、大家さんによってはどんな人が入居するのか気になる人もいたり、中にはシングルマザーの人なら保証人を2人つけて欲しいということもあります。

今は家賃保証会社を通して契約(保証人が必要ない代わりに家賃保証会社に加入して契約する・保証料がかかり審査が必要)する物件も多く、もし保証人がいなくても契約できる物件はたくさんありますので、シングルマザーだから契約しにくいということはありません。

もし、保証人がいなければ「保証人がいらない物件を探している」と伝えれば、保証会社をつけて契約出来る物件を紹介してもらえますが、家賃保証会社の審査が通ることが契約の条件になります。

大体の家賃保証会社は一般的なカード審査と同じですので、今までカードの支払で滞った履歴などがなければそれほど心配しなくて大丈夫です。

女子供だけなので、絶対条件ではないけれど出来れば暗い住宅街ではなく大きな通り沿いがいい、2階以上がいいなどが希望があれば、それも伝えておきましょう。

大家さんがどんな人か聞いておく

これはシングルマザーに限ったことではないのですが、気に入った部屋があったときは「大家さんはどんな人か?」「修繕が必要な場合などはすぐ対応してもらえる大家さんか?」は聞いておいた方がいいでしょう。

私が昔住んでいた物件で経験したことですが、共用部分の蛍光灯がほとんで切れていて、暗いのでつけて欲しいと何度言っても放置、部屋の換気扇が動かなくなったので直して欲しいとお願いしても全然直してもらえないので、何回もしつこく電話してやっと直してもらえたりと、散々な目にあったことがありました。

お金がかかることに関しては腰が重い大家さんがいるのも事実ですので、もしここに決めたいという物件が見つかったときは「ここの大家さんはどんな人ですか?」「修繕などはすぐ対応してもらえる物件ですか?」と聞いてみることをおすすめします。

不安なことは契約前に聞いておく

一番多いのは、家賃が安いのに割りといい物件を見つけたときに「事故物件ではないだろうか?」という不安ではないでしょうか?

事故物件の告知義務が意外と曖昧で、事故があったときから何年も経っていて入居者も数回入れ替わっていた場合は告知しなくていい、としている業者もいるかもしれません。

手っ取り早いのは、「この部屋は以前事故などはなかったですか?入居してからわかると嫌なので教えて下さい」と聞くことです。

実際に告知義務が有る無しにかかわらず、こう聞かれたら嘘をつくわけには行かないのでもし以前に何かあれば教えてくれるでしょう。

その他のことに関しても気になっているのに聞かないでいて、入居してから後悔しても後の祭りですので契約する前にきちんと確認をしておいた方がいいですよ。

住みたい部屋がみつかったら時間をずらしてもう一度見に行こう

資料を見せてもらったり、実際に部屋を見に行ったりして「ここに決めた」となったときに、やっておいた方がいいことがあります。
日中に見に行ったのなら、夜・夜に見に行ったのなら昼と、逆の時間帯も部屋と物件の周りを確認しておいた方がいいでしょう。



日中に見に行っていいな、と思っても夜に行ってみたら周りに街灯がなくて暗かったり、夜は気がつかなかったけど日中に見に行ったら、学校や長期の工事現場が近くてかなりうるさかったりなど、違う時間帯で見てみると気付かなかったことに気付くことがあります。

日中に見に行ったときには、他の入居者が仕事で駐車場に車が停まっていくてわからなかったけど、夜に行って実際に他の車が停まっているのを見たら、自分が停める駐車場が思ったより停めにくかったりという可能性もあります。

どうしても都合がつかない場合は仕方がないですが、出来ることなら昼と夜、どちらの時間帯も見ておくようにしましょう。

まとめ

・部屋を探す条件はある程度決めておくが、あまりこだわり過ぎないように
・気になることはなんでも不動産会社に確認しておこう
・担当者に対して不安・不信感がある場合は他の会社に行くことを検討しよう
・決めたい物件が見つかったら、時間帯をずらして再度見に行っておこう

ダイエットのみかた