息子と私とキャンプと焚き火
シングルマザー生活を子供と一緒にたくさん楽しもう
おさかなのおすすめ

禁煙は意外と簡単だった 効果があった禁煙方法や禁煙グッズ・離脱症状について

私は2年前に特に病院の禁煙外来などには行かずに禁煙に成功しました。

タバコ歴はと言うと、妊娠・授乳中を除くとずっとタバコを吸い続けてきたので、約20年間ぐらいになります。

そんな私が禁煙をしようと思ったのは、子供から「お母さんの体が心配だからもうタバコやめてよ」と言われたことです。

前々からやめようとは思っていたものの、禁煙するのは物凄く辛いんだろうなと思ってなかなか踏み切れずにいたのですが、このときばかりは子供に心配をかけないためにも禁煙しようと心に堅く誓いました。

私が使った禁煙グッズ


禁煙をするために、私が使ったものを御紹介します。

実際にこれがなければ禁煙は成功しなかっただろうな、というものもありますのでぜひ参考にして下さい。

おすすめ禁煙グッズ タバコの代わりに電子タバコ フレンバー【Frienbr】を吸った



禁煙で一番お世話になったのが、電子タバコ香りと風味を楽しむ新しい嗜好品フレンバー
です。

私はタバコが吸えない口寂しさをどうにかするために電子タバコを購入したのですが、これのおかげで禁煙できたと言っても過言ではありません。

禁煙の妨げになるのはニコチンの依存があるからだと言いますが、その他にも「口寂しさ」が占める部分も大きいと思うんです。

昔からあるパイポ

これは吸うのはスースーして良いのですが、吐くときに煙が出てこないのが物足りなくて物足りなくて逆にストレスになりました。

その点電子タバコだと、吐いたときに「ブワーッ」と水蒸気が出てくるので、タバコを吸っている感があってすごく満足出来たんです!

もう電子タバコを試したときに、「あ、これがあれば禁煙成功できるな」と確信したぐらいでした(笑)

ちなみに私のパートナーも長年の喫煙者でしたが、同じく電子タバコを購入して禁煙に成功しています。

フレンバーは吸いやすくて見た目もおしゃれなので、タバコの代わりに抵抗なく吸えましたし、吸い心地も良くてタバコが必要なくなるまでにそれほど時間はかかりませんでした。

禁煙のための電子タバコのおすすめリキッド

フレンバーからはオリジナルフレーバーが約20種類ぐらい出ています。

嗜好品として吸うなら気分に合わせて色々取り替えてみるのも楽しいと思いますが、禁煙目的で吸うなら絶対にメンソール系がおすすめです。
ハードブラストメンソール

ストロングメンソール

フレンバーのハードブラストメンソールは、ものすごくガツンと来るので最初はむせるかもしれません。

でも、禁煙の口寂しさを紛らわすなら私はキツめのメンソールが一番良かったです。

最初はコーヒー系やレモンも使ってみたのですが、甘さが残って逆に普通のタバコが吸いたくなってしまいました。

禁煙が成功して色々試してみたい、というならどれもオススメですが、禁煙なら最初からメンソールを買っておいた方が良いでしょう。

もちろん、禁煙目的で電子タバコを吸うときのフレーバーは「ニコチン0・タール0」ですよ。

私が使っていた電子タバコはこちらのタイプになります
Frienbr STANDARD ブラック/650mAh

見た目も格好良くて、素敵ですよね。

電子タバコフレンバーのリキッドは安心の国内産

私がフレンバーを選んだ理由に、安心の国内産というのがあります。

成分分析をしていない並行輸入品のリキッドに注意!フレンバーは完全国内生産でSDS取得済なので安心・安全!

HPを見ると例えばハードブラストメンソールフレーバーの使用成分はPG(プロピレングリコール)、グリセリン、メンソールとなっています。

PG(プロピレングリコール)はぜんそく吸入器の主成分で安全な成分です。

グリセリンは食品添加剤としても使われている成分なので、毒性は低く安全性が高いでしょう。

ただ、こちらは呼吸器への影響のデータを調べたものではないので、長期間吸い続けて安全かというデータはこれからになると思われます。

ですが過去には、ニュースなどで海外産のリキッドから不純物が検出されたり、ニコチンが入っていないはずのものにニコチンが入っていたりということがニュースになったこともあります。

電子タバコはタバコより害がないと言われていますが、リキッドは直接体に入るものなので、私は絶対に国内産の方がいいとフレンバーにしました。

HPで分析試験報告書、原産国証明書を確認出来ますので安心ですね。

完全国内生産のフレンバーリキッド/ストロングメンソール
Frienbrオリジナルリキッドは「開発」「製造」「生産」まで一貫して国内で行っております。成分の性状や取り扱いに関する情報を提供するための製品安全データシートも取得しておりますので、安心してFrienbrオリジナルリキッドをご使用頂けます。

【ストロングメンソールの特徴】
1.完全国内生産で安全性に配慮
2.今までにない清涼感をお楽しみ頂けます。
3.他のリキッドとのブレンドにオススメ
4.通常のリキッドと比べ15mlと大容量

【製品情報】
内容量 : 15ml 主成分 : 保湿剤・香料 対象年齢 : 20歳以上 希望小売価格: 1580円(税別) ニコチン・タールフリー/SDS取得済

【SDSとは?】
SDS(Safety Data Sheet)とは、化学物質の性状や取り扱いに関する情報を提供するためのもので、Frienbrのオリジナルリキッドは、ニコチン・タールフリーが証明されており、組成及び成分情報が明確になっております。

電子タバコ フレンバーを吸っていたのは実質3ヶ月ぐらい

禁煙のために電子タバコを購入してしばらく吸っていましたが、3ヶ月ぐらい経つとそれもいらなくなりました。

体が完全にタバコから離脱出来たのか、電子タバコを使っていた解消していた口寂しさも徐々に減ってきて、3ヶ月ぐらいでなくなったんです。

もちろん禁煙目的で吸っていたのでずっと吸うつもりもなかったのですが、電子タバコもいらなくなって私の禁煙生活は終わりました。

電子タバコ フレンバーの購入費用



私が使っていたスタンダードタイプで本体が4,980円
Frienbr STANDARD ブラック/650mAh

カラーはシャンパンゴールド・ブラッグ・ゴールド・ホワイト・メタルシルバー・スカイブルーと6種類あるので自分の好みで選べます。

内容は
・専用ハードケース
・バッテリー
・アトマイザー
・交換用コイル
・交換用専用チューブ
・USB充電ケーブル
・取扱説明書

以上がセットになっていて、さらに注文時に好きなリキッドを選べるので、届けばすぐに始めることができます。

私はタバコを吸っていた頃は大体一日1箱ペースでしたので、約12日分のタバコ代でフレンバー一式が買えてしまいます。

そう考えるとタバコをやめた今となっては、わざわざ体に悪い物を買って一ヶ月12,000円ぐらい払っていたのがすごいもったいなく感じますね。

私は電子タバコのおかげで禁煙できたので、購入してみてとても良かったと思いますし、これから禁煙をする方にも非常にオススメです。

おすすめ禁煙グッズ ガム

禁煙をする人が買う物の定番中の定番ですね。

仕事中で電子タバコもを吸えないときに無性に吸いたくなったときや、公共の場で電子タバコを吸えない場所などで大活躍してくれました。

タバコが吸いたくなったら、2~3分我慢すると喫煙欲求が収まると言われているので、吸えない場所で吸いたくなったらガムを噛むといいですよ。

味はミント系、出来れば辛いぐらいのものを選びましょう(ブラ○クブ○ックガムみたいな味のもの)

甘いガムを噛んでしまうと余計にタバコが吸いたくなってしまいます。

リラックスパイポ

こちらも買ってみましたが、禁煙目的では全然役に立たなかったです。

吸うとちょっとスースーするぐらいなのと、吐いても何も出てこないので逆にストレスがたまりました。

私は電子タバコとガムのみで禁煙できました。
特に電子タバコのフレンバーには大変お世話になって、これがなかったら禁煙できなかっただろうと思います。
何十年も吸ってみての体への影響は現在ではわかりませんが、使われている原料は安全なものばかりです。
ずっと吸うわけではなく、禁煙の目的でなら電子タバコは大変おすすめですので、禁煙を目指す人は買ってみて損はないですよ

禁煙中の離脱症状を乗り切る方法


タバコをやめると必ずやってくるのが、ニコチン依存による禁断症状です。

ですが、乗り切れば必ずタバコが吸いたくなくなります。

私はとにかく1ヶ月乗り切ればやめられるだろう、と決めてなにがなんでも吸わないように色々と工夫しながら生活していました。

私は最初の1週間は電子タバコなしで過ごしていて、すごく辛くなったときに電子タバコを購入したので、最初から電子タバコがあればもっと楽に禁煙できたのではないかな、と思います。

吸いたくなるのは日常生活のクセなので、3分とにかく我慢する

タバコをやめて一番辛いのは、いつも吸っていたときに吸えなかったことです。

朝起きたら一服、会社に行くときに車の中で一服、私は食後に必ず一服、仕事が落ち着いたら一服、仕事が終わって帰るときに車で一服、夜はお酒を飲みながら一服、と必ず吸うタイミングがありました。

おそらく皆さんそうだと思いますが、そのタイミングのときは物凄く吸いたくなります。

逆にそのとき以外は吸わなくてもちょっと我慢したら凌げるレベルの我慢です。

もしいつものタイミングで吸いたくなったら「これはクセみたいなものだから、時間が経てば吸いたい気持ちもなくなる」となんとか我慢しましょう。

大体2~3分で喫煙欲求はおさまります。

吸わないことを何回も繰り返すことで、いつものタイミングが来ても吸わなくてもよくなります。

ですが、私もそうでしたが電子タバコを吸えれば普通のタバコが吸えなくてもある程度満足できるので、それほど我慢しなくても大丈夫だと思います。

夜に吸いたくてイライラしたときは寝るに限る


仕事から帰って、電子タバコを吸っても、ガムを噛んでも、歯を磨いてもどうしてもタバコが吸いたい!

そんなときは寝てしまいましょう。

なんならお酒を飲んででも寝てしまいましょう。

寝て次の日に目が覚めたら「昨日吸わなくて本当に良かった!」と思うはずです。

私は仕事から帰って寝る前によくタバコを吸いたくなりましたが、そういうときはとにかく布団に入って寝ていました。

寝れなくても布団に入ってしまえば出るのが面倒だし、わざわざ布団から出て着替えてまでタバコを買いに行く気もなくなります。

近くにコンビニやタバコの自動販売機がない人は、お酒を飲んでしまえば運転して買いに行くことも出来なくなるのでおすすめです。

禁煙のコツみたいなもの


よく、少しずつタバコを減らしていって、最終的にやめるという方法を聞くことがありますが、私はキッパリやめてしまう方が禁煙出来ると思います。

少しずつ減らしていっても何度も離脱症状を味わっては結局は吸うことになるので、いつまで経っても乗り越えることができません。

離脱症状を乗り越えるのことこそが禁煙の成功、と言っても過言ではないぐらい避けては通れない道ですので、とっとと乗り越えてしまいましょう。

逆に離脱症状を乗り切ってしまえば禁煙は成功したも同然です。

私が禁煙をしているときに目にしたHPですが、禁煙に関しての一般的なことが書いてあります。

ですが、実際に自分が禁煙してみて「この項目って逆に禁煙を成功しにくくしていなかな?」というものもあったので、独断と偏見でチェックしてみました。

参考になれば嬉しいです。

禁煙に向けての15のヒント

1.タバコの銘柄を、おいしくないと感じる銘柄やニコチンの少ない銘柄に変える。ただし、ニコチンの少ない銘柄に変えた場合、本数が増えることがあるので注意する。

2.タバコを吸う時に、タバコを持つ手やくわえる口の位置を変えたり、ライターをやめてマッチを使う。

3.タバコを吸う時間や場所を段階的に制限していく。

4.タバコがどうしても吸いたくなる場所や時間をチェックする。

5.家族や友人、職場の同僚の中から、一緒に禁煙を始める仲間を見つける。

6.家族や友人など周囲の人に、禁煙することを伝え、協力してもらう。

7.タバコをやめてもストレスがたまらないように、タバコに変わるストレス対処法(リラクゼーション法など)を身につける。

8.タバコが吸いたくなってもすぐには吸わないで、3分間がまんする。その間、吸いたくてどうしようもない場合は、深呼吸などタバコの代わりになるものを見つけて実践してみる。

9.禁煙したことのある人は、失敗した理由を思い出し、今回の参考にする。

10.タバコの買い置きはしない。また、タバコを持ち歩かないように心がけ、自由にタバコの吸えない環境を作りだす。

11.禁煙開始日が近づいてきたら、灰皿をタバコの吸いがらでいっぱいにし、その光景とニオイが非常に不快であることを確認する。

12.禁煙開始日の前日に、残っているタバコやライター、灰皿などをすべて処分する。

13.タバコの本数を極端に減らしたり、完全に禁煙すると、人によっては離脱症状(禁断症状)が出ることを、あらかじめ承知しておく。

14.喫煙再開の多くは、タバコの離脱症状が出現し、まだからだがニコチンに依存している禁煙後1~2週間に始まることを、あらかじめ認識しておく。

15.生涯二度とタバコは吸わないと考えると、精神的に大きな負担になるので、今日一日だけは吸わないでおこうと、軽い気持ちでチャレンジする。

最新たばこ情報より引用

こちらは「最新たばこ情報」というサイトから引用させていただいたものですが、自分が実際に禁煙してみての感想を言わせていただきます。

1.タバコを変えても、ニチコンを少なくしても結局吸えるなら禁煙には効果がありません。
これを続けていたら自然にタバコを吸わなくなるなんてことはないでしょう。

2.持つ手を変えてもくわえる位置を変えてもマッチにしても、結局吸えるなら禁煙には効果がありません。
これを続けていたら自然にタバコを吸わなくなるなんてことはないでしょう。

3.段階的に制限しても結局吸えるなら禁煙には効果がありません。
減らして行ってどこかで強制的にやめるならともかく、これを続けていたら自然にタバコを吸わなくなるなんてことはないでしょう。

4.チェックしても吸うなら禁煙には効果がありません。

5.仲間を見つけても、仲間が吸ったら自分も吸ってしまう可能性があるのでオススメしません。
結局は自分の意志の力になります。

6.周りに言うのは「簡単に吸ってしまったら恥ずかしい」という意味で効果があると思います。
ただし、喫煙者の中には禁煙しているとわかっているのに「1本ぐらい大丈夫だって」と勧めてくるアホがいますので、そういう人は相手にしないようにしましょう。
くれぐれも「じゃあ1本ぐらい」なんて吸ってしまわないように!
あとからものすごい後悔の念に襲われると思いますよ。

私は禁煙中に何度も夢でタバコを吸ってしまった夢を見ました。
夢の中でメチャクチャ後悔して、どうして吸ってしまったんだろうと泣いてました(笑)
これが現実でも同じく物凄い後悔すると思うので、皆さんグッとこらえて乗り切りましょう

7.これはいいと思います。とにかく吸いたい気持ちが紛れればいいので、リンパマッサージだろうが性感マッサージだろうが、どんどんリラクゼーションして喫煙欲求が紛れればいいと思います。

8.これは大賛成です。3分経ったら無性に吸いたい欲求はかなりおさまります。
どうしても吸いたければニコチンの入っていない電子タバコにしましょう。
ニコチンが体から抜ければ吸いたい欲求は自然となくなっていきます。

9.禁煙したことのある人は、失敗した理由を思い出し、今回の参考にする。
一応失敗せずに一発で禁煙できたのでなんとも言えませんが、結局は辛い時期を乗り越えられるか、どう乗り越えるかだと思うので、前に軽い気持ちで禁煙しようとして失敗したなら今回は「絶対に禁煙する」という気持ちの方が良いと思います。

10.これには大賛成ですし、実際私もそうしました。タバコに関連するものは全部捨てました。
いざというときに吸えたら吸ってしまうと思うので、タバコは絶対に吸えるところには残して置かないようにしましょう。

11.禁煙中に禁断症状で吸いたくなったら、おそらく吸殻にも手を出すと思いますので全て捨てましょう。

12.私はライターは非常用やキャンプ用として置いてありますし、灰皿も来客用で置いてあります。
肝心なのはタバコですので、タバコを置かなければそれほど気にしなくても良いと思います。

13.これは絶対に覚悟しておいた方がいいです。
禁断症状が来るけど、むしろ来るのが当たり前で、辛くても時間が経てば必ずおさまると思っていた方が乗り切れますし、実際私もそう思いながら禁煙生活していました。

14.これも知っておくことで、辛いときに「今がその時期なんだ」と自覚することができます。
この辛い時期を乗り切れば、今より楽になると思ってなんとか我慢できました。

15.これには賛成出来ません。私は禁煙は意外と簡単で、こんなことならもっと早く禁煙しておけば良かったとは思いましたが、決して辛くなかったわけではありません。
なので禁煙前の最後の一本を吸うときは、「これが人生最後のタバコだ。もう二度と吸わないぞ」と本当に決意して、覚悟を決めて禁煙を始めました。
軽い気持ちで始めると、軽い気持ちで吸ってしまうと思うので私の経験では「もう絶対に、二度とタバコは吸わない」、と決めて禁煙した方が上手くいくと思います。

私は途中から電子タバコを吸ってだいぶストレスが解消できたので、タバコは吸わなくても電子タバコが吸えたらだいぶ違うと思いますよ

公式ページはこちらから



タバコの害について勉強する


禁煙を始めて辛くなったら、ぜひインターネットや本でタバコがいかに体に悪いかを勉強しましょう。

人間は都合のいい生き物なので、自分にとって都合の悪いことはあまり頭に入ってきません。

私もそうでしたが、喫煙しているときにも散々タバコは体に悪いと聞いていたはずなのに、

「悪いと言ってもガンになる確率がちょっと上がるぐらいだし」
「いつかは禁煙するし、一生吸うわけじゃないからそこまで悪くないだろうし」
「そもそも肺がんなんて、タバコを吸わない人もかかるんだから関係ないんじゃないか」
「歳をとったら肺に悪いかもしれないけど、まだ若いし」

などなど、自分の都合のいいように解釈していました。

ですが、実際に禁煙を始めてタバコの害を目の当たりにしたら、タバコを再開する気持ちがかなり無くなります。

タバコによってリスクが上がる病気


社会福祉法人恩賜財団済生会HPより引用

タバコを吸うことによってリスクが上がる病気はこんなにたくさんあります。

実際に私は「冠攣縮性狭心症」という心臓の病気になりましたが、これもタバコも原因と言われています。

始めて発作を起こしたのは禁煙してから1年ぐらい経ってからですが、医師の話だと禁煙はしても長年喫煙してきたことも関係あるだろう、ということでした。

ただ、喫煙中ならもっとひどい発作が起きていたかもしれないですし、禁煙していたので発作がそれぐらいで済んだのかもしれませんので、やはり禁煙しておいて良かったと思います。

まして、副流煙を子供に吸わせたくないので、喫煙していたときも換気扇の下や外で吸っていましたが、キッパリやめてしまうことが一番いいのは言うまでもありませんよね。

タバコをやめたら体に良いことを勉強する

禁煙直後 周囲の人をたばこの煙で汚染しなくなる
禁煙20分後 血圧と脈が正常値まで下がる 手足の温度が上がる
禁煙8時間後 血中の一酸化炭素濃度が下がる 血中の酸素濃度が上がる
禁煙24時間後 心臓発作の可能性が少なくなる
禁煙48時間後 味覚や嗅覚が改善する 歩行が楽になる
禁煙2週間~3ヵ月後 循環機能が改善する 肺機能が30%改善する
1ヶ月~9ヵ月後 咳や息切れが改善する スタミナが戻る

気道の自浄作用が改善し、感染を起こしにくくなる

1年後 喫煙によって高まった虚血性心疾患のリスクが半減する
10~15年後 種々の病気にかかるリスクが、たばこを吸わない人と変わらないレベルまで近づく

タバコをやめると、短時間で様々な良い効果が出てきます。

これを見ると一日やめただけでも体が良くなってきているので、そのまま継続したくなりませんか?

私は辛かった最初の一週間は、「今は禁断症状で辛いけど、その間も体はどんどん良くなってきてるんだから、ここで吸ってしまったらもったいない」と思いながら我慢しました。

実際にやってみたら禁煙の効果はすごい


私が実感した禁煙の効果はたくさんあります。

息切れがしなくなった

毎日タバコを吸っていた頃は、デパートの階段を登ったりすると息切れしていました。

普段の運動不足もありますが、明らかにタバコの影響もあったと思います。

今は運動をしていることもあって、体が軽いですし息切れもしなくなってとても快調です。

肌・髪がテキメンに良くなった

一番実感したのはこれかもしれません。

前は肌にハリがなかったのですが、禁煙をするとくすみが取れて肌が明らかにプルプルになりました。

化粧のノリも前と全然違っていて、前と同じ化粧品を使っているのに姉に「化粧品高いのに変えたの?」と言われたぐらい変わりました。

髪の毛もパサパサだったのが、なぜかしっかりして毛並みが良くなったので、きっと代謝がアップしたのだと思います。

タバコを吸いながら高い化粧品やシャンプーを使うなら、禁煙した方が絶対に綺麗になりますよ。

禁煙で冷え性が良くなった

タバコは血管を収縮するのは皆さんご存知だと思います。

私は喫煙していた頃はものすごい冷え性で、しかも重度の末端冷え性でした。

いつも足先は氷のように冷たくて、冬は仕事中でもカイロを足の裏に貼って、レッグウォーマーをつけてという状態でした。

禁煙して一年たった次の冬は、前より明らかに冷え性が良くなっていて、レッグウォーマーは今でも使っていますがカイロは使っていません。

寝るときも足が冷えて眠れない日もあったのに、今はグッスリです。

病院に行くとやたら褒められる(笑)

病院に行って「タバコは吸いますか?」と聞かれて「禁煙しました」と言ったらやたら褒めてくれます。

会社の健康診断のときには「素晴らしい!良くやりましたね!頑張りましたね!」とベタ褒めされて、こちらが照れるたぐらいです。

病院に行くと必ず問診表には「喫煙しますか?」という項目がありますし、看護師や医師にも聞かれるので、それだけタバコは病気と関係があるんだな、と思います。

みなさんも禁煙しちゃって、先生に褒められましょう(笑)

禁煙でお金がすごく節約できる


現在禁煙して2年経ちました。

毎日4百数十円が浮くと1ヵ月で12,000~13,000円、1年だと約150,000円が浮くことになります。

10年経ったら中古の車が買えちゃいますよね。

浮いた分を他のお金に回すこともできますし、そのまま貯金するのもいいですし、とにかく今まで体に悪いだけで消えていたお金が、手元にそのまま残るのは物凄く大きいですよね。

その分旅行に行ったり、美味しいものを食べたりすることを想像して、ぜひ禁煙しちゃいましょう。

うちの場合は子供が中学生に上がるちょっと前に禁煙したのですが、ちょうどそのとき塾の時間を増やして月謝が13,000円増えたので、タバコ代をそのまま子供のために使うことが出来ました。

浮いたタバコ代を「何を買おうかな?」とか「どこに旅行に行こうかな?」と考えるのも楽しくて、禁煙の励みになりますよ。

タバコによるストレスがなくなる

「タバコを吸うとストレス解消になる」と言って吸っている人はたくさんいますよね。

かつての私も「イライラするとタバコが吸いたくなる」と言っていました。

ですが、イライラしたときにタバコを吸ってもストレスが減るわけではないんですよね。

現在では禁煙が主流になっていて、飲食店も「分煙」ならまだしも「全面禁煙」のお店も増えてきています。

私もまだ喫煙しているときにランチをしようと飲食店を探すと、ランチタイムに喫煙できるところを見つけるほうが大変なぐらいでした。

現在喫煙している皆さんも、タバコが吸いたいのに吸えるお店がない、吸える場所がないとイライラした覚えはないですか?

私も喫煙しているときは、旅行に行くのにホテルを探すと「喫煙ルーム」が空いていなかったり、泊まりたいホテルが「全館禁煙」だったりと、タバコを吸っているというだけで泊まるところを探すだけで一苦労していました。

タバコをやめると「好きなところに泊まれる」し「好きなところでごはんを食べる」ことができます。

以前は、タバコを吸うところを探してなかなか見つからなくてイライラしたり、タバコを吸えないことに対してイライラしていましたが、そういったものがなくなると本当にスッキリしました。

ストレス解消と思って吸っているタバコが、逆にストレスの原因になるって変ですよね。

これからも禁煙はどんどんと進んで行くと思うので、キッパリとやめてみたら日常生活でイライラすることが圧倒的にに減って、本当に穏やかに生活できますよ!

禁煙外来で禁煙できるか?禁煙外来の成功率や費用は?


禁煙をしようと思った方が、まず一番最初に浮かぶのが「禁煙外来」ではないでしょうか。

私は禁煙外来に行かなくても無事に禁煙できましたが、私の知っている人で3人禁煙外来に通った人がいて、内2人は禁煙に成功しています。

私も禁煙を考えたときに「確実に成功させるなら禁煙外来の方がいいのかな」と色々と調べてみました。

禁煙外来の成功率はどのくらいか

まず禁煙外来は初回、2週間後、4週間後、8週間後、12週間後と合計5回通院しなければなりません。

私が知っている人で禁煙外来に通った3人のうち、禁煙に成功しなかった1人は「3回目で行くのが面倒になった」ということで通うのをやめてしまいました。

そして、またタバコを吸い始めてしまったということです。

治療中にもっとも大事なことは、「医師に告げずに勝手に中断しないこと」だそうです。

途中でやめてしまうと禁煙成功率が低いことがわかっており、5回すべての診察を受けた人は約50%弱が禁煙に成功しています。

ファイザーのHPによると

初回の診察でやめた人の禁煙成功率は4.7%

2回目の診察でやめた人の禁煙成功率は13%

3回目の診察でやめた人の禁煙成功率は25.4%

4回目の診察でやめた人の禁煙成功率は32%

最後の5回目の診察まで通った人の禁煙成功率は47.2%

となっています。

一人で禁煙するのとは違って、通院して診察を受けることによってお医者さんのアドバイスがもらえるので、誰かが禁煙の味方になってくれるというのはとても心強いと思います。

もし禁煙外来に通うなら、とにかく最後までは通院するということを目標するのが禁煙への近道と言えそうですね。


ファイザー すぐ禁煙.jpより引用

ただ、禁煙外来の成功率はもっと高いのかと思っていましたが、約2人に1人というのは意外と低いという印象を受けました。

一番は、どのくらい真剣にタバコをやめる気持ちがあるのかということに尽きると思います。

禁煙外来の費用はいくらぐらいか

禁煙治療にかかる費用は保険が適用された場合で13,000円~2万円程度となっています。

ファイザー 禁煙.jpより引用

禁煙外来で保険が適用になる場合

1.直ちに禁煙をしようと考えていること
2.ニコチン依存症のスクリーニングテスト(TDS)が5点以上であること
3.ブリンクマン指数(1日喫煙本数×喫煙年数)が200以上であること
4.禁煙治療を受けることを文章により同意していること

にあてはまっていることが要件です。

ニコチン依存症のスクリーニングテスト

1. 自分が吸うつもりよりも、ずっと多くタバコを吸ってしまうことがありましたか。
2. 禁煙や本数を減らそうと試みてできなかったことがありましたか。
3. 禁煙したり本数を減らそうとしたときに、タバコがほしくてほしくてたまらなくなることがありましたか。
4. 禁煙したり本数を減らそうとしたときに、次のどれかがありましたか。(イライラ、神経質、落ちつかない、集中しにくい、ゆううつ、頭痛、眠気、胃のむかつき、脈が遅い、手のふるえ、食欲または体重増加)
5. 上の症状を消すために、またタバコを吸い始めることがありましたか。
6. 重い病気にかかって、タバコはよくないとわかっているのに吸うことがありましたか。
7. タバコのために健康問題が起きていることがわかっていても吸うことがありましたか。
8. タバコのために精神的問題が起きているとわかっていても吸うことがありましたか。
9. 自分はタバコに依存していると感じることがありましたか。
10. タバコが吸えないような仕事やつきあいを避けることが何度かありましたか。

はい-1点 いいえ-0点 として計5点以上の場合はニコチン依存症である可能性が高いといえます。

禁煙をしようと思っている人なら、ほぼ皆さん保険が適用になる場合にあてはまるのではないでしょうか。

もしこれらの条件にあてはまらない場合でも、自費診療が可能なところもありますので、禁煙外来を考えている人はまずお医者さんに相談してみるのが一番早いですよ。

病院に行かないで禁煙したい人は電子タバコを試してみると上手くいくかもしれないですよ。