息子と私とキャンプと焚き火
シングルマザー生活を子供と一緒にたくさん楽しもう
おさかなのおすすめ

結婚式は挙げた方がいい?結婚式と離婚率の関係

ービークレンズー「KOMBUCHA」×「チャコール」

最近はめっきり結婚式に呼ばれる機会が減りました。

周りを見ても「入籍はしたけど式はしない」「お金がもったいないから入籍だけにする」という人が多いです。

かくいう私もシングルマザーなので一度は結婚した経験があるのですが、式もしなければ写真も撮らない、新婚旅行も無しというものでした。

できちゃった婚というわけではなかったのですが、前夫が仕事をコロコロ変えて無職の時期もあったので、お金がなかったのが正直なところです。

結婚式を挙げるか挙げないかで離婚率が変わる?

まず結論として、結婚式を挙げたか挙げなかったかで離婚率が変わるということが言われていますが、実際にはどうなのでしょうか。

調べてみると「離婚した夫婦が結婚式を挙げなかった人が8割」なんて書いてある記事も見かけますが、ちょっと極端すぎる気もします。

なんと、離婚歴のある方では、「結婚式・披露宴(会食)共に開催した」が僅か13.4%、そして「何もしていない」と回答された方が82.4%にも上りました。
これはちょっと、ショッキングな数字ではないでしょうか。離婚歴のある人の8割は結婚式を挙げてないという事実。そう考えると、結婚式を挙げることは、その後の夫婦関係に大きく影響するといえそうです。

アヴェルセルHPより引用
出典元https://www.anniversaire.co.jp

これだけ見ると、結婚式をしていない夫婦の離婚率がすごいように見えますが、さすがに「離婚した人の8割は何もしていない」というのはちょっとアンケートが偏っているんじゃないかな・・・という印象があります。

実際に私の周りを見ていると、ナシ婚の人の離婚率が8割なんてことはありませんし、むしろ離婚しているカップルは結婚式を挙げた人の方が多いです。

ここ十数年間で友達や親戚、会社の人の結婚式に記憶を数えると合計10回ぐらいは行きましたが、半数の5組が離婚しています。

式を挙げていない友達は二人、自分を入れると三人ですが私以外の二人は今でも仲良く結婚生活を続けています。

アメリカの経済学教授が3000人を対象にアンケート調査を実施したところ、結婚式にかけた費用が高いほど、離婚率も上昇していることが判明しました。
この調査では、結婚指輪の金額と結婚生活の長さも反比例していることがわかりました。

さらに婚約指輪に2000~3000ドル(約22~33万円)を費やした男性は、500~2000ドル(約5万5000~22万円)を費やした男性よりも、1.3倍も離婚する可能性が高いとのことです。

同様に、結婚式にかけた費用との関係も反比例していて、その差は1.6倍もありました。
らばQより引用

こういった記事もありました。

離婚したカップルの八割以上は何もしていない、というのは結婚をサービスとして提供している会社のアンケートなので、前のときは結婚式などをしていないから次はしたいという人が含まれている割合が多いのではないかなー、と思います。

ただ、結婚式をしていない夫婦の方が離婚率が高い、というのは多少はあるのかなと思います。

あまり豪華な結婚式をしても離婚率が上がるし、何もしなくても離婚率が上がるなるとは・・・さじ加減が難しいですよね(笑)

結婚式が挙げなかった私が結婚式に対して思うこと

結婚式と離婚率の関係は別しても、私は結婚式を挙げた方がいいと思います。
(何がなんでもしたくない、という人は別ですが・・・)

女性なら一度はウェディングドレスを着て、周りの人に祝福されながら愛する人と式を挙げるのを夢みると思います。

私も一度は結婚してその後は離婚しましたが、「結婚式はしておけば良かったなー」と今は若干後悔しています。

小さい頃は漠然とですが自分が大人になったら「お嫁さん」になるのが当たり前みたいなイメージがありませんでしたか?

でもって、「お嫁さん」てやっぱり綺麗なウェディングドレスを着ているイメージがありませんか?

結婚するなら、女性は一度はウェディングドレスを着た方が、一度きりの人生後悔しないと思います。

「とりあえず入籍して式は落ち着いてから」、と思ってもなかなか後からだとしなくなってしまいますし、そのうち「今さら結婚式と言っても・・・」と結局やらないカップルも周りにいました。

私を含めて式をしなかった人は「結婚式やっておけば良かったねー」と今でも話することがあります。

私の周りの結婚式をした人の感想


結婚式をして披露宴を挙げた友達や身内の感想を聞くと、「結婚式をやって良かった」と口を揃えて言います。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

離婚した友達でさえ、「再婚出来たらもう一回結婚式をやりたい」と言うぐらいです。

やはり素敵なドレスを着て、身内や友達など親しい人から祝福されるというのはとても幸せで楽しかったそうです。

ただ、良く言われる「結婚式を挙げてみんなに祝福されたので離婚しにくい」というのはあまり感じなかったと聞きます。

確かにもう一緒にいられないから苦渋の決断で離婚をするのに、「結婚式したから」で離婚を思いとどまれるとはなかなか思いませんよね・・・。

【考察】結婚式を挙げたら離婚率が下がるというより結婚式を挙げられる人だから離婚率が下がるのではないだろうか

結婚式を挙げない理由 お金がない

まず結婚式を挙げない理由のナンバー1「お金がない」ですが、これって離婚の原因でもよく聞く話ですよね。

そして、結婚式を挙げないカップルは旦那さんの方に経済的余裕がないことが多いんじゃないか、と思うんです。

女性側が何がなんでも結婚式を挙げたいなら「自分で全額負担する」と言うかもしれませんが、そうじゃない限り女性は貯金があっても「何かあったときのために」と残しておくと思います。

また、「親が結婚費用を出してくれる」という話も聞きますが、親がそこそこお金があるなら結婚生活でも何かと援助してもらうこともあると思います。

いよいよお金がないときはやはり「結婚式を挙げる」なんて言っている場合ではないので、必然的にナニもしないになってしまます。

結婚式を挙げる金銭的な余裕がない=結婚生活も金銭的な余裕がないことが予想されるので、夫婦喧嘩や離婚の原因にはなりやすいですよね。

結婚式を挙げない理由 再婚だから恥ずかしい

「再婚だから恥ずかしい」が二人とも思っていてやらないのなら良いですが、例えば片方は結婚式を挙げたいのに片方はかたくなに拒むなら、相手の希望や気持ちを分かってあげられず、長く結婚生活を続けるのはなかなか難しいのではないかと思います。

片方が「結婚式を挙げたい」というなら、ささやかでも挙げればいいのになーと、まあこれは私がそうだったので特に感じます。

「再婚」が恥ずかしいなんてことはないので、挙げたかったら挙げたらいいですよね。

結婚式を挙げない理由 お互い忙しいから

忙しくて結婚式を挙げられないぐらいなら、結婚生活もすれ違いや子供が産まれても家庭の時間がなかなか取れなくなりそうです。

面倒だからもそうですが、やはりどちらかがしたいというなら、忙しくても面倒でも結婚式のときぐらいは相手になんとかしようと思って欲しいですよね。

こうして見ると、結婚式を挙げられない理由ってそのうち離婚の理由になりそうな物が多いんですよね。
結婚式を挙げた=これらの理由をクリアしているということになるので、そういった相手との結婚だから長続きするんじゃないかと思います。

結婚式を挙げても離婚するのは仕方がない


結婚式をしたからと言って離婚してはダメというわけではありません。

実際に盛大な式を挙げた人でも数年後に離婚している人はたくさんいます。

離婚の理由はさまざまですが、どうしてもやっていけない相手に「結婚式を挙げたんだから一緒にいなきゃ」とはならないですよね。

結婚式を挙げても挙げなくても最初から離婚するつもりで結婚する人はいないのですし、結果離婚になったとしてもそれは仕方がないことだと思います。

特に離婚率などは気にせずとも「結婚式をしたかったらする」「したくなかったらしない」で良いのではないでしょうか。

ただ、したいと思っているなら絶対にしておいた方が後悔は少ないですよ。

まとめ

結婚式をしない一番の理由は「お金がない」だと思いますが、現在は
10万円以下でかなえるステキな結婚式特集

こういった格安で式が出来るところもあります。

再婚で恥ずかしいというのも聞きますが、本当に仲のいい友達や来て欲しい身内だけ呼ぶなら特に恥ずかしいということもないと思います。

私は現在のパートナーとドレスを着て写真だけでも撮りたかったのですが、相手が全くその気がなく話も進まなかったので諦めました。

そんなこんなで40歳を過ぎてしまい、いまさら撮る気にもならないので若いときに写真だけでも撮っておけば良かったなー、と後悔しきりです。

まだ若いときに、相手がいなくても子供と二人でも撮っておけば良かっとさえ思っているので、結婚式を挙げたいけど難しい、という場合はちょっと無理をしても、安くても簡単でも式を挙げておくと私にように後悔しないで済みますよ(笑)

ダイエットのみかた