息子と私とキャンプと焚き火
シングルマザー生活を子供と一緒にたくさん楽しもう
母子キャン・女子キャン

母子キャンプ・女子キャンプにおすすめのペグとハンマー

db7ae9eeeb74c8817040229aba3892bb s - 母子キャンプ・女子キャンプにおすすめのペグとハンマー

テントを設営するときに必ず必要なペグとハンマーですが、結構忘れやすいです。

特にハンマーは、入れておくところを決めて置かないと、持って行くのを忘れたり、現地に着いてから探す羽目になります。

私の話ですが、テントと一緒に入れておいて、違うテントを持って行ったら忘れたことが二度ありますので、テントを複数持っている人はテントの収納袋以外の置き場所を決めておきましょう。

ペグは、色々な種類の物が売られていて、どれを買って良いのか迷ってしまうと思いますので私が使っているものをご紹介したいと思います。

ペグ

081b7e74bb62926c7c6884b0cf3942f2 l - 母子キャンプ・女子キャンプにおすすめのペグとハンマー
テントを買ったときに、ペグも一緒についてくる物は結構あるのですが、総じて弱いです。

芝生サイト以外で使ったら、一度の使用で曲がって使えなくなったり、地面に入らなくてテントがユルユルだったりするので、必ず複数タイプのペグを持っていくようにしましょう。

ペグの種類

ピンペグ

ピンペグの特徴は軽くてお値段も安いことと、テントの付属品として着いてくることが多いので、持っている人もたくさんいると思います。

形状は頭部分が丸の他にL字型のものもありますが、どれもそれほど強くないので芝生サイトなら良いですが、ちょっと固かったり地面に石があるサイトだと曲がってしまいます。

もし曲がってしまったら、ハンマーて叩いて戻せばまた使えるので、石の上など固い物に載せて叩いてみましょう。

テンションがかかると抜けやすいので、芝生サイトでも風がある日はピンペグ以外にもY字ペグや鍛造ペグなども持っていくと安心です。

V字・Y字ペグ

値段が手頃で軽くて地面に刺さりやすく、抜けにくい便利なペグなので私もいつも持って行きます。

抜いたときにVやYの真ん中部分に土がたまるので、洗うのが少々面倒です。

鍛造(タンゾウ)ペグ

重たくてお値段も高いですがとても固いペグで、鍛造ペグじゃないと刺さらない場所もあるので、私は常に16本持って行っています。

長さも色々ありますが私は30cmのものを使っていまして、このぐらいの長さがあれば少々の風があってもしっかり打ち込んでおけば、抜けることはないです。

テントなら、地面に刺さらないということがなければ鍛造ペグを使わなくても大丈夫ですが、タープは風を受けるのでテンションがかかっても簡単には抜けないようにしておかなければなりません。

私はタープを張るときは必ず鍛造ペグを使うようにしています。

地面が固かったり、石が多くてなかなか刺さりにくくて、他のペグなら曲がってしまうようなところでも、鍛造ペグなら大丈夫ですよ。

鍛造ペグで有名なのがエリッゼステーク、通称「エリステ」というものです。

様々な色が販売されているので、ママキャンパー・女子キャンパーやおしゃれキャンパーに大変人気があります。

自分のサイトの小物に合わせて、好きな色を選ぶのはとても楽しそうですよね。

コールマンのテントはファミリーキャンプ場に行くととても多く、同じようなテントがたくさんあるので、自分のサイトが見つけにくくなってしまうことがあるのですが、ペグの色を変えてわかりやすいようにしている人もいるようです。

鍛造ペグに足をつまづくと、かなり痛いし転びやすいので、明るい色にして夜に見やすくしておくのもいいですね。

私は鍛造ペグとしては格安のsoomloomのものを使っていますが、安くても地面にハンマーでガンガン叩いて打ち込んで大丈夫です。

「最強のペグ」と言われているスノーピークのソリッドステーク、通称「ソリステ」は岩をも砕くと言われていて、値段もかなり高価ですが愛用者が非常に多いペグです。

なかなかペグが刺さらないサイトに行ったときに非常に心強いと思いますが、大体はここまでの物を揃えなくても刺さっていきますので、最初から用意しておかなくてもリピートしたいキャンプ場の地面が物凄く固いというときや、スノーピークブランドが好きという方は買っておいたらいいかもしれません。

鍛造はペグは重たくて抜けにくいので、タープに使う場面が多いのですが、万が一風が強くて抜けた場合、その重さが完全に凶器になります。

タープが風であおられてペグが抜けると、どこにぶつかるかわからないので非常に危険です。
もし、タープを張ってしまってから風が強くなってきたときは、面倒だからとそのままにせずに必ずタープを畳みましょう。

自分のサイトの物が壊れたり、自分や家族がケガしたりというのを避けるのはもちろんのことですが、ロープとつながった鍛造ペグが他人のサイトまで飛んで行く可能性があるので、天気が良くても風には注意が必要です。

プラペグ

こちらもテント買ったときに付属でついてくることがあるペグで、プラスチックハンマーと一緒になっているものが多いです。

とても軽くて値段が安いですが、固い地面には刺さらないですし、金属のハンマーで叩いたら壊れる可能性があります。

接する面が多いので抵抗が大きく抜けにくいという特徴がありますが、使える場面はフカフカの芝生や砂浜で、それ以外の場所ではほぼ使えません。

テントについてきたときは別ですが、砂浜でキャンプをすることがなければあえて購入しなくても良いと思います。

スクリューペグ

ハンマーで打ち込むのではなく、手でねじりながら地面に刺していく珍しいペグで、使えるのは柔らかい地面や砂浜になります。

どのペグを持っていけばいいの?

私が現在キャンプに必ず持って行っているのは、「ピンペグ」・「Vペグ」「鍛造ペグ」の3種類です。

私が行くキャンプ場のサイトは「芝生」か「土」ですが、大体のキャンプ場はこの三種類があれば間に合うと思います。

実際私も何十回もキャンプ場に行っていますが、この3種類を持って行って困ったことはありません。

一度だけ、どうしてもペグが刺さらない箇所があったのですが、そのときはガイロープと石を結んで凌ぎましたので、多少のことならなんとかなるもんです。

6f63dc26827c62dddaf6ae8f53588d80 - 母子キャンプ・女子キャンプにおすすめのペグとハンマー

基本は「ピンペグ」・「Vペグ(もしくはYペグ)」「鍛造ペグ」に加えて、砂浜でキャンプをする場合はプラスチックペグを追加すれば大丈夫です。

荷物を極力軽量化したいという場合は、鍛造ペグは重たくて大変なので、鍛造ペグほどではないけど色々な長さがあって強度もある「ネイルペグ」を持くと、地面に石がたくさんあるサイトなどではない限り大丈夫です。

ハンマー

f934d3c79af4d0bcdc9a26dd1430918e s 1 - 母子キャンプ・女子キャンプにおすすめのペグとハンマー

ハンマーにはそれほどこだわりがなく、100均のハンマーを使っているという人も多いです。

私は子供が小学生の頃はゴムハンマーを持たせて、自分は鍛造ペグを打てるハンマーを使っていました。

キャンプに行くと、子供はかなりの確率でペグを打ちたがるので、小さいうちはプラスチックのハンマーなど子供が持っても危なくないハンマーを持たせてあげましょう。

私が持っているハンマーは

ホームセンターで買ったゴムハンマーと

銅製ハンマーを使っています。

この2種類があれば、大体のペグは打てるので大丈夫です。

ホームセンターで売っている「トンカチ」でも良いですが、鍛造ペグは抜くときが結構大変なので、鍛造ペグの穴に入れてペグを抜く部分がついてるハンマーの方が使いやすいですよ。

鍛造ペグをプラスチックハンマーやゴムハンマーで打ち込むと、ハンマーの方が壊れてしまうので、鍛造ペグを打ち込むときは金属製のハンマーで打ち込みましょう。

私はペグやハンマーは結構安いものを使っていますが、特に困ることはないです。

もちろん探せばもっと打ちやすくて値段も高いものがありますが、この辺の道具はきちんと使えれば問題がないので、そこまでお金をかける必要はないかな、と思っています。