息子と私とキャンプと焚き火
シングルマザー生活を子供と一緒にたくさん楽しもう
母子キャン・女子キャン

今年初の冬キャンプはあまりの強風で寝られず大変だった

d83c74d24bb72220e94a6a0e9506f959 s - 今年初の冬キャンプはあまりの強風で寝られず大変だった

先週末、今年初の冬キャンプに行ってきました。

まだ11月なので季節は秋かもしれませんが、北海道は11月でも結構雪が降ることが多く、今回キャンプ場は思っていたより雪が積もっていました。
IMG 4078 - 今年初の冬キャンプはあまりの強風で寝られず大変だった
そして雪より何より大変だったのが、ものすごい強風だったことです。

強風の日の冬キャンプの注意点や過ごし方

今回のキャンプの目的は「焚き火」でした。

私はいつも家を建ててくれた建築会社さんから端材をいただいているのですが、今年は冠攣縮性狭心症の発作が多くてあまりキャンプに行けていないので、物置に置いてある薪を使いたいのもあったし、寒い日の夜にのんびり焚き火を見ながら過ごしたかったのです。

ですが・・・着いたときはそうでもなかったのに、夜になるとどんどん風が強くなってました。

風が強い日は焚き火はやめましょう

IMG 4083 - 今年初の冬キャンプはあまりの強風で寝られず大変だった

キャンプ場に着いて設営を完了して少しだけ焚き火をしたのですが、夜ごはんの準備もあったので三十分ぐらいで一度終了しました。

その後夜ごはんを食べてからはどんどん風が強くなってきたので、テントの中に篭りっぱなしで焚き火は出来ず終いです。

【悲報】今キャンプ、30分で焚き火終了・・・( ;∀;)

強風の中で焚き火をすると、火の粉が飛んでテントが焦げてしまったり、下手すると穴が空くこともあります。

燃えて軽くなった薪自体が飛んでしまうこともあるので、強風の日は絶対に焚き火をしないようにしましょう。

自分のテントが穴が開いてしまったならまだ自業自得ですが、他人のテントや車に被害を与えてしまったり、誰かが火傷をしてしまう可能性もあります。

風が強い日はテントの中でおこもりキャンプがおすすめ

IMG 4082 - 今年初の冬キャンプはあまりの強風で寝られず大変だった

風が強いとタープが立てられないですし、冬は寒くて外にいられません。

そんなときは広めのテントを持って行って、テントの中で暖かくして過ごしましょう。

今回は私たちも外には何も置かず、テントの中でごはんを食べたりスマホで日韓戦を見て過ごしたりしました。

他には違うサイトに素敵なテントを持っているキャンパーさんがいたので、テントを見せてもらうのに声をかけたら気さくにお話してくれたので、テントの中にお邪魔させてもらって談笑したりと、とても楽しく過ごしました。

暖かい日はバーベキューをしたり焚き火をしたりと、外で過ごすことが多いですが、テントの中メインでするキャンプもとても楽しいものです。

IMG 4087 - 今年初の冬キャンプはあまりの強風で寝られず大変だった

夜ごはんはキムチ鍋をしました。

鍋の材料は切って持って行き、普段キャンプに持って行っているカセットコンロとフライパンがあれば、手間もかからずにすぐに作れるのでキャンプごはんにおすすめです。

鍋のつゆはキューブやプチッとを持って行くと、ちょっとつゆを足したいときなどに調整しやすいのでとっても便利ですよ。

汁物は残った場合に処理が大変なので、ごはんを持って行って雑炊にしてしまい、残りものが出ないようにすると楽チンです。

とろけるチーズや卵も忘れずに!

ワンポールテントは風にとても強いので強風の日のキャンプにおすすめ

今回はノルディスクアルフェイム12.6を持って行きました。

意外かもしれませんが、きちんと設営すればワンポールテントは風に非常に強いテントです。

今回も風の音で寝られないぐらいの強風でしたが、テント自体は全く問題なく安心して過ごせました。

ワンポールテントは設営の仕方は簡単ですが、ペグを打つ数が普通のテントに比べて非常に多いです。

しっかりペグを打ち込んでおけばちょっとやそっとでは風で倒れる、なんてことはないのでキャンプに行って風が強かった場合でも大丈夫です。

ただし、どのぐらいの強風に耐えられるかはテントによって違いますし、ペグの打ち方や張り具合でも変わってくると思いますので、くれぐれも無理をしてキャンプを継続するというのは止めておきましょう。

強風の中でのキャンプは設営・撤収にいつも以上に気を使おう

c7f48e356bae337fe0b810b1f34ccc13 s - 今年初の冬キャンプはあまりの強風で寝られず大変だった
風が強い中でのテントの設営・撤収は非常に危険だし大変です。

まず時間は倍かかると思っておきましょう。

また、ソロ用のテントなどなら良いですが、大きめのテントを畳んだりするときは、かならず誰かに端を押さえてもらったりしないと風でテントが煽られてとても危険です。
(今回私はジップインフロアに強烈なパンチをされました ( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン

もし一人なら強風の中押さえつつ畳むという作業なので、かなり時間がかかってしまいます。

時間を気にするなら撤収は早めに開始するように、そして風で煽られても決してテントから手を離さないように、周りの道具も飛ばされないように気をつけて、他のサイトとの距離も見ながら進めて行きましょう。

まとめ

53e0d72ad9bae4b1e39c3b1c6bf377dd s - 今年初の冬キャンプはあまりの強風で寝られず大変だった

あまりに風が強いなら、キャンプを中止した方が楽です!


bgt?aid=160319095859&wid=007&eno=01&mid=s00000014920001022000&mc=1 - 今年初の冬キャンプはあまりの強風で寝られず大変だった

0 - 今年初の冬キャンプはあまりの強風で寝られず大変だった