息子と私とキャンプと焚き火
シングルマザー生活を子供と一緒にたくさん楽しもう
冠攣縮性狭心症のこと

私が冠攣縮性狭心症になってから食事で心がけていること・気をつけていること

ff1625bb18b9fe39acc4b59602084804 s - 私が冠攣縮性狭心症になってから食事で心がけていること・気をつけていること

私は2018年2月に初めて冠攣縮性狭心症の発作が起こりました。

それから色々な検査をして、最終的にはカテーテルでのアセチルコリン負荷試験を行って、病気の確定診断を受けました。

やはり自分が病気になるとその病気について色々と調べてしまいますが、調べれば調べるほど怖いことばかり書いてあるので、インターネットの情報はあまりたくさん見ずに、参考程度にするのがいいのかな・・・と思いました(無駄に不安になったりストレスになるので)

ですが、心臓にいい食事や運動、サプリなんかも色々と情報があるのでまずはいい情報を取り入れて実践することにしました。

それを続けているからなのか、単に調子がいいからなのかわからないですが、現在は疲れやストレスがたまりすぎたり、お酒を飲みすぎたりしなければ発作はそれほど起きなくなっています。

IMG 2100 320x180 - 私が冠攣縮性狭心症になってから食事で心がけていること・気をつけていること
冠攣縮性狭心症になってから血圧計とルームランナーを買いました私が冠攣縮性狭心症になってから、ちょうど一年ぐらいが経ちました。 医師にこの病気のことを言われたときは、「一生この病気と付き合って...

冠攣縮性狭心症になってから心臓にいいと取り入れている食事

f6b367e042083dceafdfc9dc13202ff8 s - 私が冠攣縮性狭心症になってから食事で心がけていること・気をつけていること

納豆をほぼ毎日食べている

体にいいと誰もが知っているであろう「納豆」を出来れば毎日、忘れても二日に一回は食べるようにしています。

納豆は苦手な人もいるかもしれないですが、とにかく健康に良い効果がたくさんあるので出来るだけ摂りたい食品№1ですね。

納豆の効能

有名なのが「ナットウキナーゼ」ですね。

血栓を溶かす効果があるので、心筋梗塞や脳梗塞の予防に役立つと言われていますが、それ以外にも納豆には色々と素晴らしい効果があります。

・心筋梗塞・脳梗塞を予防する・・・週に1~2回納豆を食べる人はほとんど納豆を食べない人に比べて、脳卒中の死亡リスクが3割減少するそうです。
心筋梗塞などでの死亡リスクも下がる傾向があると言われています。

・動脈硬化を防する・・・納豆のレシチンが動脈硬化の原因となるLDLコレステロールや中性脂肪を下げる効果があります。

・糖尿病を予防する・・・納豆に含まれる食物繊維やビタミンB2には、糖質と一緒に摂取した際に血糖値の上昇を抑える効果があるので、食事のおかずに納豆を加えると糖尿病予防に効果があるということです。
狭心症の人が糖尿病を合併すると、神経障害によって痛みを感じにくくなり、狭心症の発作や心筋梗塞に気付くのが遅くなってしまうことがあるそうなので、くれぐれも気をつけましょう。

・認知症を予防する・・・納豆に含まれるアスパラギン酸や脳の活性物質である不飽和脂肪酸などが記憶力を高める効果があります。

・骨粗しょう症を予防する・・・納豆にはビタミンKが含まれており、カルシウムの吸収を助けてくれる役割をしてくれます。
骨粗しょう症の人や骨の弱い人は、通常よりビタミンKが低いことがわかっていますので、カルシウムと一緒に納豆も食べると骨粗しょう症予防に効果的です。

・免疫力向上効果・・・人の免疫力は腸がつかさどっているというのはテレビなどでやっているので皆さんご存知だと思いますが、納豆は腸内環境を整えてくれるので普段から積極的に摂りましょう。

・花粉症などアレルギー抑制効果・・・納豆に含まれるレバンという物質にアレルギー抑制効果があり、花粉症やアトピー性皮膚炎、じんまんしんなどの症状を抑えることがわかっています。

・美肌効果がある・・・納豆にはビタミンB群が豊富に含まれているので、美肌にも効果があります。

スーパーに行くと色々な食材があふれていますが、手軽に手に入ってこれだけの効能がある食べ物って納豆しかないんじゃないかと思います。

私は冠攣縮性狭心症になってから、ほぼ毎日食べるようになりましたが、ぜひ健康な人も普段から食べるように心がけたいですね。

納豆は血栓には効果がないという意見もあるようですが、岐阜県高山市で約3万人の住人を対象にして、アンケート調査を実施して16年間にわたって追跡調査を行った結果、納豆の摂取量が多いグループは、少ないグループに比べて循環器の疾患による死亡率が低かったという調査結果があるので、何かしらいいことはありそうですよね。

納豆は日本人が昔から食べていて、血栓予防以外にも色々と健康に良い成分が含まれているので、実際に血栓予防効果があってもなくても、これからも積極的に食べることにします。

納豆の効果的な食べ方

・納豆は夜に食べる・・・納豆キナーゼの血栓予防効果は食べてから12時間ぐらいなので、心筋梗塞などが発生しやすい夜中や明け方に効果が出るよう夜食べるのがおすすめです。

・納豆は加熱しないで食べる・・・ナットウキナーゼは熱に弱いので、加熱すると効果がなくなってしまいます。
また、納豆に含まれるビタミンB群も熱に弱いので、熱を加えずにそのまま食べましょう。
私はいつも納豆に練りからしやキムチを混ぜて、ごはんにかけずにそのまま食べています。
また、マグロのぶつ切りにあえて辛子醤油で食べてもとても美味しいです。

・一日1パック程度にする・・・納豆は痛風の原因となるプリン体が多く含まれています。
体にいいからと1日何パックも食べないように。

・納豆と卵と混ぜるときは黄身だけにする・・・卵の白身にはアビジンという成分が含まれていて、納豆に含まれる美肌に効果があるビオチンというビタミンが結合してしまって、吸収しにくくなってしまいます。
どうしても卵を入れたい場合は、黄身だけにしておきましょう。

朝食をバナナにする

1b91c79f20bd10f58bc6db2c5f50849a s - 私が冠攣縮性狭心症になってから食事で心がけていること・気をつけていること
心臓に疾患があると「塩分は一日6g以下」が推奨されていますが、普通に三食摂ると6g以下って結構厳しいですよね。

例えばお昼ごはんに「吉野家の牛丼並盛」を食べたとすると、それだけで塩分2.7g、さらにみそ汁をつけたとすると、みそ汁で塩分1.4gなので一食で4.1gになります。

お昼だけで一日の3分の2の塩分を摂って、さらに朝には定番の「ごはん、味噌汁、焼き魚、漬物」、夜も普通に出てきたものを食べていたら10gでもすぐに超えてしまいます。

カップラーメンも一食で塩分5~6gぐらいありますし、意識して気をつけないと塩分を控えるというのは難しいですよね。

ですので、私は「朝ごはんは塩分を摂らないようにする」ということを心がけています。

ちなみにバナナ、シナモンは塩分0、牛乳はコップ一杯200mlで約0.2gとほとんどないです。

バナナの効能

・体内の余分な塩分を排出してくれる・・・バナナにはカリウムが豊富に含まれています。
カリウムには体の余分な塩分を排出してくれる働きがあるので、むくみ防止、高血圧予防に効果的です。
ただし腎機能が低下している人は、摂りすぎに注意しましょう。

・高血圧を予防してくれる・・・高血圧の原因に塩分の摂りすぎがありますが、バナナに含まれるカリウムが余分な塩分を排出してくるので、高血圧予防にも効果があります。

・便秘予防・・・バナナには食物繊維が多く含まれています。
しかも水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類が含まれているので、整腸効果が期待できます。

・コレステロールを下げる・・・バナナに含まれる食物繊維の一種「ペクチン」という栄養素がコレステロールを下げる効果があります。
また血糖値の抑制や疲労回復などの効果があるので、ダイエットにもおすすめです。

・精神を安定させる・・・睡眠作用がある「セロトニン」の原料である「トリプトファン」がバナナに含まれていて、精神を安定させる作用があるそうです。
また、朝にトリプトファンを摂ることによって、夜にぐっすり眠れる効果も期待できます。

バナナは朝に食べるのが効果的

バナナには体にも心にも良い成分がたくさん入っています。

特に余分なものを排出する効果があり、人の体は午前中が排出の時間帯になるので朝にバナナを食べるのが効果的です。

また、朝バナナを食べて「トリプトファン」を摂取することによって、夜ぐっすり眠れる効果があるので朝食をバナナ変えてみてはどうでしょうか。

朝食にハチミツシナモン牛乳を飲む

86d86f594e4959e5265431ef77849bd7 s - 私が冠攣縮性狭心症になってから食事で心がけていること・気をつけていること
朝食はバナナの他にハチミツシナモン牛乳を飲んでいます。

作り方はレンジで50℃ぐらいにあたためた牛乳に、ハチミツスプーン一杯、シナミン小さじ1杯入れて混ぜるだけです。

ハチミツシナモンの効能

シナモンとハチミツを一緒に摂ること毎日続けると、すごく体にいいというので毎日飲むことにしています。

そのすごい効果とは

・コレステロールを下げる

・心臓疾患

・アレルギーに対する免疫強化

・膀胱の感染症

・風邪の予防・風邪の回復

・胃の不快感・胸焼け

・癌

・喉の痛みや喉のトラブル

・ダイエット

・疲労回復

・口臭

・冷え性

・便秘

・美肌

・性欲回復

・むくみ解消

・ストレス解消

・吹き出物

・鼻炎

などなど「これ本当か?」というぐらい効果があるそうです。

毎日摂っていれば病気にならなさそうですよね・・・。

私は1年前から毎日ハチミツシナモン牛乳を飲んでいますが、風邪も引かないし子供がかかったインフルエンザにも全くかかっていません。

しかも、ハチミツシナモン牛乳は飲んでもとても美味しいです。


bgt?aid=180622502476&wid=006&eno=01&mid=s00000009430014004000&mc=1 - 私が冠攣縮性狭心症になってから食事で心がけていること・気をつけていること

0 - 私が冠攣縮性狭心症になってから食事で心がけていること・気をつけていること

ハチミツシナモン牛乳を作るときのハチミツは純粋ハチミツを使おう

・ハチミツは【純粋ハチミツ】で作る・・・ハチミツにはハチミツ以外に水あめやブドウ糖が混ざっている【加糖ハチミツ】や加熱や脱色した【精製はちみつ】などがあります。

・純粋ハチミツとは・・・ミツバチが蜜を自分たちで水分を蒸発させて濃縮し、水分量が20%以下に熟成させたものが純粋ハチミツになります。
加糖ハチミツや精製ハチミツには、純粋ハチミツのような栄養はないので、作るときは必ず純粋はちみつで作るようにしましょう。

純粋ハチミツはお値段は多少高めです。
中国産だと純粋ハチミツでも比較的安めなのですが、大気汚染や農薬、水質汚染など安全性が気になるので私は避けています。

私のおすすめは
武州養蜂園国産はちみつ
0 - 私が冠攣縮性狭心症になってから食事で心がけていること・気をつけていること

こちらです。
国産の純粋はちみつが売っています。
また手軽なはちみつをお探しの方におすすめなのが武州養蜂園 純粋はちみつアルゼンチン産
0 - 私が冠攣縮性狭心症になってから食事で心がけていること・気をつけていること
こちらです。

アルゼンチン産は手軽なお値段で手に入りますし、インターネットで調べても安全性で悪い情報は見当たりません。

私も国産が品切れのときなどはアルゼンチン産を購入していますが、コクがあってとても美味しいのでおすすめですよ。

ハチミツシナモン牛乳を作るときのシナモンはセイロンシナモンを使おう

ハチミツシナモン牛乳を作るときはスリランカ産の【セイロンシナモン】で作るようにしましょう。

中国や東南アジアで作られているカシアシナモンには「クマリン」という成分が多く含まれていて、摂り続けると肝機能障害を起こす可能性があります。

セイロンシナモンには「クマリン」は微量しか含まれていないので、クマリンによる影響はほぼ心配ないです。

ちなみに一日あたり6mgが摂取許容量となっていますので、セイロンシナモンで摂ろうとすると一日約364g摂取する必要がありますが、どう考えても無理ですよね・・・。

ですのでセイロンシナモンを摂るときには「クマリン」は気にしなくて良いでしょう。

ところがカシアシナモンだと1.5gで許容量に達するので、毎日続けるわけにはいきません。

健康のために毎日シナモンを摂る場合必ず【セイロンシナモン】を購入するようにして下さい。

せっかく健康のために始めたのに、間違ってカシアシナモンを摂り続けて肝機能障害を起こしてしまっては元も子もありませんから。

私はいつもこちらで購入しています。

開封してあまり時間が経ったものはどうなのかな、と思っているのでいつも100g入りのものを買っています。

一般的なスパイスは開封後一週間を過ぎると、香りや風味が落ちてくるそうなので開封してからあまり時間が経たない方が良さそうですね。

青魚を週に2、3回食べる

16552738c0528f0ec196042623c1b0be s - 私が冠攣縮性狭心症になってから食事で心がけていること・気をつけていること
青魚は体にいい食べ物として、納豆に並んで有名ですよね。

テレビでその効能が放送されるたびに、スーパーでサバ缶が無くなってしまい、買うのに苦労しています・・・。

青魚の効能

・血液サラサラ効果

・ダイエット効果

・血栓や動脈硬化予防

・アルツハイマー病予防

・悪玉コレステロール減少

などなど心臓にも良さそうな効果がたくさんあります。

青魚の成分を摂るには缶詰がおすすめ

私は週に2回、お昼ごはんに白米といわしの缶詰を持って行って食べています。

ランチに中年の女が「缶詰と白いごはん」というのも、会社の人間からかなり奇異な目で見られそうですが、そこは年の功で慣れてしまいました。

缶詰だと酸化のおそれもないですし、焼くと流れ出てしまうDHAやEPAなどの脂質も残ったままです。

何より缶を開けるだけで食べられるので、調理の手間がなく続けやすいのが一番かもしれません。

最近はスーパーで安いものが売っていないので、いつもインターネットで買いだめしています。

ちなみに私が一番好きな缶詰がこちらです

以前はサバ缶がないので、他の青魚の缶詰を色々試していたのですが、10数種類食べた結果、こちらが一番美味しくてドハマりしています。

缶詰だと賞味期限も長いので、買いだめしておけるのも嬉しいですね。

塩分が高そうなイメージがある缶詰ですが、こちらで1缶の塩分1.5gと以外に少ないので、一食で1缶食べても全く問題なしです。


bgt?aid=190310013990&wid=007&eno=01&mid=s00000016839002019000&mc=1 - 私が冠攣縮性狭心症になってから食事で心がけていること・気をつけていること

0 - 私が冠攣縮性狭心症になってから食事で心がけていること・気をつけていること

まとめ

53e0d72ad9bae4b1e39c3b1c6bf377dd s - 私が冠攣縮性狭心症になってから食事で心がけていること・気をつけていること
体にいいことを色々と続けているおかげか私は冠攣縮性狭心症ではありますが、以前と生活が変わったことと言えばお酒を飲みすぎないようにしているぐらいです。

病気になってから健康のありがたさが見に染みましたが、出来れば病気になる前からもっと体を大事にしておけば良かったな、と思いました。

それを今から考えても後の祭りですので、これからはいかに健康的に元気に過ごせるかを考えて、体にいいことを取り入れていきたいと思っています。

この記事に書いたことは私が現在継続していることですが、少しでも皆さんの参考になると嬉しいです。

現在病気の人も健康な人も、歳を重ねても元気でいられるように今から体にいいことを習慣づけて行きましょう!


bgt?aid=190310013990&wid=007&eno=01&mid=s00000016839002019000&mc=1 - 私が冠攣縮性狭心症になってから食事で心がけていること・気をつけていること

0 - 私が冠攣縮性狭心症になってから食事で心がけていること・気をつけていること