息子と私とキャンプと焚き火
シングルマザー生活を子供と一緒にたくさん楽しもう
冠攣縮性狭心症のこと

コロナウイルス新型肺炎 冠攣縮性狭心症の私が予防で気をつけていること

842a1953ff5bb56fdfde490913fe5848 s - コロナウイルス新型肺炎 冠攣縮性狭心症の私が予防で気をつけていること

いやー、日本中がコロナウイルス・新型肺炎の話題一色で、卒業式など記念になるはずのイベントも中止になったりして、親としては辛いところですね。

うちの息子の中学校も一応卒業式自体はすることになったのですが、三年生と先生のみで保護者は参加できません・・・(´;ω;`)ウッ…

成長した息子が卒業証書を受け取る姿を楽しみにしていたんですが、こればっかりは仕方ありませんね。

しかも私が住んでいる地域は日本でも感染者が一番多い北海道なので、感染防止のためにも必要な措置だとも思いますので諦めます。

冠攣縮性狭心症の人は本当に気をつけすぎるぐらい気をつけてコロナウイルス・新型肺炎の感染を防ごう!

新型コロナは年齢関係なく重篤化、9人の専門家に聞いた「絶対注意の持病」

先日見たこのニュース、皆さんも見ましたか?

中国で新型コロナウイルスに感染した方のデータが2月に発表されましたが、狭心症や心筋梗塞など心臓に持病のある人の致死率が最も高いことがわかりました。

Yahoo!ニュースより引用

いや、本当に勘弁してよ・・・というのが正直な気持ちです(´;ω;`)

他に色々なニュースを見てみると、「心疾患」と書いてあったり、「心不全」と書いてあるサイトもありますが、冠攣縮性狭心症持ちの私も本当に気をつけなければならないな、と思っています。

この記事を見ていただいている方の中にも冠攣縮性狭心症の方がいると思いますが、というかほぼそうだと思いますが、改めて予防のためにはどうしたら良いかを確認して、感染しないように気をつけましょう!

コロナウイルス新型肺炎 冠攣縮性狭心症の私が予防で気をつけていること① 手洗いうがいは小まめにやる

9e87f5c0e51bbcfe10f295895b54f46a s 1 - コロナウイルス新型肺炎 冠攣縮性狭心症の私が予防で気をつけていること

大事なのは手洗いと、ニュースでもインターネットの記事でも飽きるぐらい言われていることですね。

私が働いている会社は不特定多数のお客様が出入りするので、通常よりさらに気をつけなければとこまめな手洗いを欠かさずするようになりました。

私は経理の仕事もしているので、お金を触ったら手洗い、銀行や郵便局などに行けばATMの画面を触ったり、出入り口のみんなが触る取っ手などを触った場合も会社に戻ったら手洗い、会社の中で社内の人が共用で使っているものを使ったときも自分は手洗い、家に帰ったらすぐに手洗い、という具合です。

もちろん手洗いをするときはハンドソープを使っていますが、手指用のアルコール消毒もあるので忙しいときはそちらを使ったりします。

今までの自分から見るとちょっと神経質すぎるぐらい洗っていますが、自分としてはそれぐらいやらないと安心できないので、このまま続けるつもりです。

田舎で幸いなのが、都会のように満員電車に揺られて会社に行くということはまずなく、通勤や買い物などはマイカーで自分ひとりですので、それはかなりの安心材料ですね。

買い物に行ってもスーパーから出るときはスーパーにアルコール消毒が置いてあれば使い、なければ車に戻ってから鞄に入れてあるアルコール除菌ウェットティッシュですかさず手を拭きます。

このときウェットティッシュで車のハンドルやドアの取っ手なども拭いて、どこまで効果があるかはわかりませんがしないよりマシだと思うのでやっております。

ところが・・・こまめな手洗いをすると

手がボロボロになりますよね・゚・(ノД`)・゚・。

あまりに荒れて痛いので、何か良い方法はないものかとインターネットで探して見つけたのが

こちらです。

0d40a5e4a645fc6b96e767d64ac0878e - コロナウイルス新型肺炎 冠攣縮性狭心症の私が予防で気をつけていること
楽天市場より引用

私はこれを日常的に使うようになってから、手洗いによる手荒れがかなり良くなったので本当に助かりました!

会社や家にアルコール消毒もあるので、忙しいときはそちらを使うこともありますが、このクリームを塗ってあれば荒れた手のピリピリした感がなく、手が保護されている感があります。

似たよう製品は他にも色々ありますので手荒れに悩んでいる人はぜひ試してみて下さい。

もともと手が荒れやすい人は何もしないでいると本当に手がボロボロになってしまうので、手を保護するクリームを使いながらマメな手洗いを励行しましょう!

コロナウイルス新型肺炎 冠攣縮性狭心症の私が予防で気をつけていること② 人ごみに極力行かない

0b2af1e012fd64d386afd6f8321cadc1 s - コロナウイルス新型肺炎 冠攣縮性狭心症の私が予防で気をつけていること
私が住んでいるところは田舎ですし、このご時勢なので人ごみがというほどの物ではもないのですが、混んでいそうな時間にスーパーには行かないようにしたり、最近では朝イチのドラッグストアなんかには行かないようにしています。

どうしても人が集中時間帯はありますが、その時間さえ避ければ結構空いているので平日休みの昼間とか、閉店1時間前とかに行けばかなりガラガラです。

18時ぐらいに買い物に行くと私のように仕事帰りに買い物に寄る人が多いのと、割引目当てで来ているお客さんがいて結構な混雑具合なんです。

幸いマスクは私も息子も花粉症がひどいので元々買ってあったし、2018年の地震のときに色々と備蓄したのでそのときにマスクも備蓄してありそこそこ手元にあります。

アルコールウェットティッシュも備蓄してあった分があったのと、品切れになる前にも買っておいたのであるし、アルコール消毒は現在ではチラホラ売っているところが出てきました。

私はインターネットでたまたま4リットルのアルコール製剤が定価ぐらいで売っているのを見つけたので、こまめにチェックしていればタイミング次第で見つかることがあると思います。

私が通っている循環器内科の調剤薬局でも消毒用エタノールが陳列してあったので、マスクよりも一足早く流通してきたのかもしれないですね。

通勤時ドラッグストアの前を通ったときに見てみると、朝イチにマスクが入荷する可能性が高いということで、開店前に20人以上並んでいて距離も詰めているし、マスクをしていない人も結構いるしで、あそこに並ぶのはちょっと気が引けてしまいます。

一度必要な物が手に入ってしまえばドラッグストアに何度も見に行く必要もなくなるので、なんとかみんなが必要な量が早く流通して欲しいと願うばかりです。

私は日用品はほぼロハコで購入しているのですが、安いし品揃え豊富だし届くのも早いので、こういった外出を控えたいときには非常にありがたいです。

食料品や飲料も色々とあるので、買いだめにもオススメですよ。

そういえば、ジムで感染が広がったという話もありましたが、私は家の中でルームランナーを使いながら筋トレしたりウォーキングしたりしているので、ルームランナー大活躍してくれています。

わざわざジムに行かなくても家の中で運動できるし値段もとてもお手ごろなので、本当にオススメですよ。

こういう状況になってみて初めて思いましたが、今の時代出歩かなくても用が足りることが非常に多くなったので、とてもありがたいですね。

インターネットで色々と買い物できる現在でなかったら、もっと感染が広がっていたような気もします。

コロナウイルス新型肺炎 冠攣縮性狭心症の私が予防で気をつけていること③マスクは着用する

28ce133af97b91c5af314f8acfb77ba6 s - コロナウイルス新型肺炎 冠攣縮性狭心症の私が予防で気をつけていること

マスクはネットやテレビで見ていても「症状がなければつける必要がない」とか「自分がかからないためでもしないよりマシ」とか「感染者か人に感染させないようにするにはマスクが効果的」とか言ってることがみんなバラバラで訳わかんないですよね。

でも「症状がない」人でも感染している可能性がある人がいるわけで、「症状がない人」でも鼻にホコリが入ればくしゃみをしたり、何かの拍子に唾液が変なところに入って咳込んだりって、普通にありますよね。

職場の事務所も決して広い、というわけではないので自分が人にうつさないためにもマスクはするようにしています。

でも周りを見ていると首に「ウイルスシャットアウト」を首にかけて、手洗いもマスクもしない人とかいるので本当に嫌です(´;ω;`)

手洗いは誰でも出来るんだから、手洗いぐらいしようよ・・・。

効果があるのか無いのかはわかりませんが、これに頼るよりきちんとうがい手洗いをした方がずっと予防になると思うんですけどね。

しかし・・・マスクはいつになったら普通に買えるようになるんですかね。

オークションや個人で販売するサイトは規制されるようになりましたが、Yahoo!ショッピングや楽天市場、アマゾンなんかでは相変わらずバカみたいな値段でマスクが販売されています。

こっちも早く規制されて、マスクを高く売っても誰も買わなくなればいいんですけどね。

万が一今持っている使い捨てのマスクがなくなってもマスクが流通していないと困るので、無くなってきたら洗えるマスクを買うか、自分でガーゼマスクを作ろうかなとも思っています。

コロナウイルス新型肺炎 冠攣縮性狭心症の私が予防で気をつけていること④部屋の換気をマメにする

f7e137e078e6221c57be380c4c0a2600 s - コロナウイルス新型肺炎 冠攣縮性狭心症の私が予防で気をつけていること

3月だと北海道はまだまだ寒い季節なので、普段は換気をするなんてことはほぼないんです。

北海道の住宅は気密性が高いのと、冬は寒くて換気をしないのでそれも原因の一つではないか、なんて言われていますから。

ただ最近は日中はだいぶ暖かくなったので、部屋の室温も上がっており窓を明けてもそれほど寒くはない日も出てきました。

あまりに寒くなりすぎると風邪の原因になるのでおすすめできませんが、マメに換気していれば一気に部屋の気温が下がることもないので、小まめな換気を心がけています。

コロナウイルス新型肺炎 冠攣縮性狭心症の私が予防で気をつけていること⑤自分以外の人と手拭タオルを共用しない

58543632e2c15d9d1b492aca88ef0c5c s - コロナウイルス新型肺炎 冠攣縮性狭心症の私が予防で気をつけていること
現在私は会社で外に出ていることが多いですが、子供は休校でずっと家にいます。

私が帰って手洗いが不十分でタオルにウイルスがついていたりしたら嫌なので、私と子供は同じタオルは使わないようにしています。

私は普通のタオルを毎日替えて使っており、出歩くことが少ない子供は手洗いの回数も必然的に少なくなるので、子供には紙タオルを使わせるようにしています。

会社には私は自分で紙タオルを持参して、共用で置いてあるタオルは絶対使いません。

手を拭くだけなので、手触りなどは考慮せずに安いものを探して買っています。

まとめ

53e0d72ad9bae4b1e39c3b1c6bf377dd s - コロナウイルス新型肺炎 冠攣縮性狭心症の私が予防で気をつけていること
冠攣縮性狭心症の持病があるので、コロナウイルスを初めインフルエンザや風邪にも十分注意して生活しましょう!

特にコロナウイルスに関しては、心疾患があると重症化する可能性が普通の人より高いという情報もあるので、とにかく予防法と言われているものをきちんと実践して、自分がうつらないようにするのはもちろんですが、人にもうつさないようにという気持ちでみんなが予防をしっかり実践して生活していれば、収束していくのも早いと思います。

休校でストレスがたまっているお子さんはもちろん、それに伴って親もストレスがあると思います。

早く落ち着いて、気兼ねなくワイワイ人が集まって楽しめたり、みんなでごはんを食べたりするのが楽しめる日が来て欲しいですねー。