息子と私とキャンプと焚き火
シングルマザー生活を子供と一緒にたくさん楽しもう
シングルマザーと資格

私も取れた!シングルマザーおすすめの資格《管理業務主任者編》

ービークレンズー「KOMBUCHA」×「チャコール」

前回の記事では、一番おすすめの資格《宅地建物取引士》についてまとめましたが今回は宅地建物取引士が主として働く不動産業界に関する資格ですので、W取得をおすすめします。

管理業務主任者とは

区分所有建物(主に分譲マンション)には管理組合がありますが、通常管理組合は管理業務をマンション管理業者に委託しています。

その管理契約書の重要事項の説明、記名押印、管理業務のチェック・マネジメントなどを行う資格です。

マンションの管理会社では管理業務主任者を一定の割合で置かなければならないので、宅地建物取引士の資格とのダブル取得がおすすめです。

こちらの試験もそれほど難しい試験ではありませんし、国家資格で一度取ったら一生物です。

受験勉強の範囲は宅地建物取引士の試験の内容がかぶる部分もあり勉強がしやすいのと、不動産会社で働くなら宅建と管理業務主任者があれば会社側としてはぜひとも働いて欲しい人材でしょう。

試験内容が似ている「マンション管理士」という資格もありますが、こちらは「名称独占資格」というもので誰でもその業務をすることは出来ますが「マンション管理士」を名乗ることが出来ないというだけですので積極的に取らなくても良いだろうと、私は取得しませんでした。

管理業務主任者から必要な会社では資格手当がつくところが多く月5,000円から2万円程度が多いと思います。

管理業務主任者試験

年に一回通常は12月第1週日曜日に行われます。

宅建は試験が行われる会場がそれなりに多いのですが、管理業務主任者試験は札幌・仙台・名古屋・大阪・広島・福岡・那覇の全国8箇所のみでの実施となっていますので、近くに受験会場が無い方は必ず移動方法や時間などの確認を事前に行っておきましょう。

管理業務主任者試験の難易度は?

平成29年度の受験数が16,950人、合格者3,679人で合格率が21.7%です。

この数字を見ると宅建より簡単そうに感じますが、私が試験を受けた感想は宅建と同じぐらいの難しさでした。

合格率が宅建より若干良いのはそれほどメジャーな資格ではないので仕事で必要だったりして、真剣に合格のために勉強している人が宅建より多いからではないかというのが私の印象です。

合格ラインは50点数35点前後とこちらも宅建と同じような数字となっています。

民法、区分所有法など法律関係の問題が出題されますが、実務的な「会計・管理実務」「建物の維持・修繕」に関する出題もされ、私の場合はこちらの方が覚えるのに苦戦しましたが、勉強を進めていくとただただ法律を勉強しているより面白い部分も出てきます。

勉強をきちんとしたら充分に合格を狙える資格なのですし、宅建と試験内容が重複する部分があるのでダブルで取得しておきたい資格です。
ただ、宅建と同じく勉強しないで受かるほど甘い試験ではありません。

管理業務主任者の勉強時間は?

300~500時間必要と言われていますが、宅建を取得してからの勉強ならそこまでいらないと思います。

私は平行して勉強していたので同じ年の10月に宅建を受けて12月に管理業務主任者を受けてどちらも合格しています。

平行しての勉強はかなりハードでしたが、それでもなんとかなったので時間に余裕がある方は1年ぐらい前から宅建と管理業務主任者を平行して勉強してみてもいいかもしれません。

ただ、どちらも中途半端になるようでしたらまずは宅建を取得して、そのあとに管理業務主任者を取得した方が効率はいいです。

管理業務主任者に合格する費用はどのぐらいかかるの?

私は独学でしたので試験費用 8,900円 テキスト代過去問題集代約7,000円 資格取得まで総額 16,000円ぐらいでした。

独学か通信講座か通学かで費用が違ってきますが、そのメリット・デメリットなどは

年収400万以上を狙える!シングルマザーおすすめの資格《宅建》子供が大きくなってくるとどんどんお金がかかるようになるし、そのうち塾にも行かせたい、保険や年金もあるし自分の老後のことを考えると正社員で...

こちらにまとめていますので参考にして下さい。

管理業務主任者通信講座おすすめランキング

ランキング1位 フォーサイト
見やすいフルカラーテキストで記憶に残る教材。管理業務主任者・マンション管理士どちらにも対応していて、それぞれの試験での出題傾向として、「出題頻度と目標得点」、「出題される箇所」を明示しています。
管理業務主任者のみの講座なら2万円代からとリーズナブルな価格となっています。

合格率は全国平均の2.92倍と高い合格率を誇っています。

おすすめ度
受講費用 2万円代~3万円代(管理業務主任者のみの講座)
サポート 24時間メール受付 モチベーションが上がるブログやメルマガ

管理業務主任者の通信講座を行っているスクール自体が宅建と比べてかなり少ない中で、図解がみやすいテキストやいつでもできるeラーニング、サポート体制など充実した内容となっています。
「やる気が出ない」なんて悩みもメールでご相談下さいと書いているあたり、受験生に非常に優しいイメージですね。
詳細ページ

ランキング2位 通勤講座
通宇金講座はスマホ、携帯音楽プレーヤー、タブレット、ノートPC等で学べるので、場所と時間を選ばずに試験勉強が出来ます。
一つの講座で管理業務主任者とマンション管理士を同時に学べるのでダブル取得にも非常におすすめです。
初心者が理解しにくい「区分所有方法」と「標準管理規約」を比較しながら学べるなど、初めて勉強する人にもわかりやすい内容となっています。
おすすめ度
受講費用 39,800円
サポート 質問などサポートはなし

詳細ページ

ランキング3位 アガルートアカデミー
法律の学習経験が全くない方でも,短期間でマンション管理士・管理業務主任者試験に合格できる知識を身につけることができる入門講義が39,800円とリーズナブルな内容になっています。
見やすく工夫してあるオリジナルフルカラーテキスト、オンライン受講、Facebookでのフォロー体制など非常に充実した内容となっています。

おすすめ度
受講料 39,800円
サポート Facebood登録での質問対応

詳細ページ
※このページで取り扱っている各講座の情報について、その内容の正確さを保証するものではありません。
各情報については公式ホームページで御確認いただきますようお願いします。
また、参考となる記事を提供するものであり、合格を保証するものではありませんのでご了承お願い致します。

・管理業務主任者と宅地建物取引士のダブル取得を目指そう
・試験内容はマンション管理士と重複しているがマンション管理士は積極的に取らなくても大丈夫。余裕があれば取得を目指そう。
・宅地建物取引士試験に比べて通信講座を行っているスクールは少ない。
・管理業務主任者は国家資格。一度取れれば一生物

管理業務主任者は主に分譲マンションの管理を管理組合から委託されている管理会社の社員として、マネージメントを行います。
私が住んでいる地域はそれほど都会ではないので分譲マンションが数えるほどしかありません・・・。
そして、私が働いている会社は分譲マンションの管理も委託されていないので、正直に言うと私にはこの資格は役に立っていません・・・。
もし、あなたが田舎に住んでいて分譲マンションが周りになくて、一生引越しするつもりもないのなら特に進んで取得する必要はない資格になります。
逆に、都会に住んでいて分譲マンションがたくさん建っていて管理組合から管理を委託されている業者がたくさんある地域ならぜひとも欲しい資格なので、良くも悪くも地域差が出る資格と言えるかもしれません。

ダイエットのみかた