息子と私とキャンプと焚き火
シングルマザー生活を子供と一緒にたくさん楽しもう
シングルマザーと資格

年収400万以上を狙える!シングルマザーおすすめの資格《宅建》

ービークレンズー「KOMBUCHA」×「チャコール」

子供が大きくなってくるとどんどんお金がかかるようになるし、そのうち塾にも行かせたい、保険や年金もあるし自分の老後のことを考えると正社員で働きたい。
でも経験も資格もないし・・・
そんな悩みを抱えているシングルマザーも多いのではないでしょうか。

でも大丈夫!
私は離婚してから資格を取って現在正社員として働いています。
30過ぎていて、子供がいて、離婚していてとなるとやはり正社員になるのはなかなか難しいだろうと思い、私は離婚前から資格を取ろうと勉強を始めました。

シングルマザーだと家事育児はとても大変ですが、もし元夫が細かくてうるさかったり子供のように手間がかかるような人だったなら、いなくなっただけでも勉強する時間が確保できるかもしれませんよ。

私が取得した資格は行政書士 宅地建物取引主任者 管理業務主任者 でまずは一番おすすめの資格宅地建物取引士について説明して行きます。

宅地建物取引士の資格

宅地建物取引士は国家資格なので一度取れば一生物です(5年に一度更新手続きは必要)

宅地建物取引士がおすすめな理由は資格があるだけで不動産業界では就職に有利なのと、資格を持っていれば毎月の給料+資格手当を支給している会社が多いからです。

また不動産業界だけじゃなく、建築会社や金融業でも宅地建物取引士の資格を持っている人は歓迎してくれます。

毎月の資格手当ては1万~3万円ぐらいの会社が多いようですが、毎月の収入が資格を持っているだけで1~3万円増えるというのは物凄くありがたいことですよね。

宅地建物取引士ってどんな仕事?

不動産取引のプロの資格であり、重要事項説明書の説明は宅地建物取引士以外の社員では出来ないことになっています。
また、宅地建物取引業者はその事務所に5人に1人の割合で常勤の取引士を置くことが義務付けられていますので取引士の少ない会社だと喉から手が出るぐらい欲しい人材です。
建築会社では自己で建築した物件を販売するのに宅地建物取引士が必要ですし、金融会社は不動産を担保にすることが多いので不動産の知識がある人を重宝します。
あくまで私のイメージですが、私の住んでいる地域では私が働いている会社以外の他社の方でもこの資格を持っている人は長年勤めている人が多いので会社から重宝されているのだと思います。

宅地建物取引士試験

以前は宅地建物取引主任者という資格でしたが、現在は宅地建物取引士という名前に変更になっています。
「士業」にさせたいという協会側の思惑があったりなかったり、という話がありましたが他の士業(弁護士・税理士・司法書士・公認会計士などなど)から比べると試験のレベルは本当にお子様レベルで、士業でも試験が簡単な方の行政書士よりもはるかに簡単です。
むしろこの資格に受からなかったら、法律系の国家資格の取得はあきらめた方がいいでしょう。
そのくらい取りやすい資格です。
ただ、法律系の資格の中では簡単な部類というだけで勉強せずに受かるほど甘くはありません。

宅地建物取引試験の合格率は?

毎年の合格率は平均して15~18%前後、合格ラインは50点中35点前後となっており、一見難しそうに見えるかもしれませんがきちんと勉強して対策をすれば比較的取りやすい資格だと思います。
会社で資格を持っていない人は受験すること、というようにある程度決められている会社もあるので試験に落ちた85%の人の中には全く勉強しないで受験に来ている人もいます。

宅地建物取引士試験の勉強時間は?

理解度には個人差があるので一概には言えませんが一般的には250~300時間と言われており、3ヶ月前から一日3時間勉強で大体270時間になります。
私は宅建の試験は派遣で働きながら、夜子供が寝た後で夜中に勉強していたのですがそれでも十分に受かる資格です。
必ず一回で受かりたかったので余裕を持って半年ぐらい前から一日3時間ぐらいやり始めたのですが、そのときに自己採点で50点中46点でした。

宅地建物取引士に合格する費用はどのくらいかかるの?

私の場合は

試験費用 7,000円 テキスト代過去問題集代約6,000円 資格取得まで総額 13,000円ぐらい
でした。

試験費用は変わらないですが勉強するにあたって独学で勉強するか、通信講座にするか、スクールに通学するかで大幅に違ってきます。

私は独学で勉強しました。
宅建を取得する前の年に行政書士の試験に合格しているので法律用語などは知識はもともとあったのと、宅建は民法の出題がかなりの割合を占めるのですが行政書士で民法の勉強をやっていたのでその分かなり楽でした。

ここで実際に勉強してみて私が感じた独学・通信講座・スクールのメリットデメリットを書いておきます。

独学

メリット
・自分のペースで勉強が出来る
・資格取得までの費用が一番安い

デメリット
・何から手をつけていいのかわからない
・わからなくても自分で理解するしかない
・モチベーションが下がりやすい
・費用が安い分やる気が起きない(高いお金をかけると絶対受からないともったいないという気持ちが沸く)

独学なら最低でもテキストを最初から最後まで、隅々まで10回は読む覚悟が必要です。
そして、過去問も完璧に解けるように理解しておいてさらに予想問題も数多くこなして合格ラインに行けるのですが私が一番陥ったのがモチベーションが下がるでした。
誰に言われるわけでもなく、教えてくれる人がいるわけでもなく黙々と勉強する日々が続いてわからない部分があると自分一人の力で理解するまでかなり時間がかかりました。
法律の勉強を全くしたことがなくて独学に自信がない人は先行投資しても十分に元が取れる資格ですので通信講座も視野に入れてはどうでしょうか。

通信講座

私は独学で取りましたが、通信講座が一番やりやすいかもしません。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

メリット
・カリキュラムが決められているのでどこから手をつけていいかわからないを解消できる
・自宅で勉強できる スマホ対応の講座なら通勤時間や待ち時間も勉強出来る
・ある程度お金を払っているので資格を取らなければというモチベーションが続きやすい
・模擬試験を受けることが出来る(講座による)
・わからないところを質問できる(講座による)

デメリット
・独学よりはお金がかかる(費用はスクールによって幅があるが3万円から15万円ぐらい)

デメリットとして独学よりはお金がかかりますが、それでもそれほど高くはない金額で受講できます。
初めて法律系の勉強をすると、まず聞きなれない法律用語を見るだけでかなりモチベーションが下がってきますし闇雲に勉強すれば受かるというわけではありません。また、自分一人で考えても意味がわからないところを後回しにしがちになります。
一発合格を狙うなら通信教育がおすすめです。

スクールに通学

メリット
・わからないところがあったらリアルタイムで質問できる
・仲間がいるのでモチベーションを保ちやすい
・金額が高いので絶対に合格しなければという気持ちになり勉強に意識が向きやすい
・模擬試験を受けることが出来る

デメリット
・通わなければならないので交通費、移動時間がかかる。
・高い(10万円~30万円ぐらい)
・地元にスクールがないとそもそも通えない

通学が一番理解しやすいとは思いますが、まず通学するのに子供を預けなければならないし何より費用がかかります。
宅地建物取引士の試験に関しては通学を考慮しなくても受かる試験だと思いますのが、実家に暮らしていて子供を見てくれる人がいたり、お金に余裕がある方なら検討しても良いと思います。
また、自分一人だとなかなか勉強する気になれない人は自宅にいてもはかどらない可能性があるので、どうしても資格が欲しいということであればスクールに行くのが一番早いかもしれません。

宅地建物取引士通信講座おすすめランキング

ランキング1位 フォーサイト
基礎講座+過去問講座にプラスして直前対策講座を受けることが出来ます値段はコースによって様々ですが4万円代から6万円代と値段はリーズナブルです。
単科講座を選択することも出来て、自分の実力によって色々なコースを選べるのも便利。
フォロー体制も充実していて非常におすすめです。
おすすめ度
受講費用 4万円代~6万円代
サポート 24時間メール受付 モチベーションが上がるブログやメルマガ
教育訓練給付制度 対象講座有り(要確認)

見やすいフルカラーテキスト、整理しやすく記憶に残る図解式テキスト、イメージがふくらむイラスト入りテキストに加えて、特許取得のフォーサイトオリジナルeラーニングシステム「道場破り」でパソコン、タブレット、スマホで学習を進めることが出来ます。
フォーサイトはフォローシステムが非常に充実しており、回数の上限はありますが24時間質問メール受付(返信は数日以内)、学習計画の立て方や賢脳レシピなどが書いてある受講生サポートブログ、講師・スタッフからの応援メッセージや時期ごとの学習の進め方のポイントなどが届くフォローメルマガなど勉強を続けて行ける様々な工夫がされているのでとてもお勧めです。
また教育訓練給付制度(一般教育訓練) に該当する場合は自分が対象になるか確認しておきましょう。
詳細ページ

 

ランキング2位 東京リーガルマインド

創業40年近くになる資格取得講座の大手かつ老舗のリーガルマインド。通信講座だと15万円からと値段はかなり高い方ですが、様々な割引制度がありますので4万円以上の値引きで受けられるものもあります(条件は公式HPを御確認下さい)
LEC受講生の2017年度の宅地建物取引士試験の合格率が72.1%となっており、約4人に3人が受かっていることになり高いけれど非常に信頼できる講座ですね。

おすすめ度
価格 10万円以上(時期によって割引あり)
サポート 教えてチューター、チアメールなど
教育訓練給付制度 対象講座有り(要確認)

初学者向けの講座の内容が非常に充実しているスクールです。
プレミアム合格フルコースでは、難しい専門用語を極力使わずに具体例で説明してくれるので初めて学ぶ方もとっつきやすい内容となっています。
Web講座とDVD講座がありWeb講座はインターネット環境があればいつでもどこでも受講出来るので通勤時間や家事の合間にも勉強することができます。
早割りや期間限定割引で金額がかなり安くなることもありますので、公式HPをチェックしてみて下さい。
フォロースタッフとのホットライン「教えてチューター」で質問したり、学習進捗度にあわせてフォローの「チアメール」などフォロー体制も細やかで安心です。
こちらも教育訓練給付制度(一般教育訓練) に自分が対象になるか確認しておきましょう。

 

公式ページはこちらから

 

ランキング3位 オンスク.jp
珍しい月額制のサイトで、月980円からと激安ですが、大手スクールTACのノウハウを活かした講義を行っています。
内容はウケホーダイライト 980円とウケホーダイスタンダード 1,480円があり問題演習の復習機能や講義音声ダウンロードはスタンダードのみとなっています。
ある程度勉強に自信のある向けです。
おすすめ度
価格 月額980円~
サポート なし
教育給付金制度 なし

※このページで取り扱っている各講座の情報について、その内容の正確さを保証するものではありません。
各情報については公式ホームページで御確認いただきますようお願いします。
また、参考となる記事を提供するものであり、合格を保証するものではありませんのでご了承お願い致します。

勉強をするときの心構え

テキストを買ったり、通信講座に申し込んでこれから頑張って資格を取ろう!と始めのうちはモチベーションがかなり高まっています。
しかし、勉強を続けていてなかなか理解できなかったり過去問を解いてもチンプンカンプンで実力がついていってる実感がないと、そのモチベーションが少しずつ下がってきます。

そうして「ちょっと休もう」から「今日一日ぐらいいいや」になり「今週はゆっくり休んで来週からまた頑張ろう」になり「しばらくやらなかったから内容忘れちゃった」になり「やっぱり私には試験に合格なんて無理なんだ」になって行きます。

資格試験の合格を目指すのは勉強をすること自体が大変だということに加えてモチベーションが下がらないように続けていくのも大変だということを頭に入れて「継続は力なり」の気持ちを忘れずに頑張っていただきたいと思います。

おたかな
おたかな
 通信講座の教材が届いたよ!これで僕も宅地建物取引士だね♪
おさかな
おさかな
 届いただけで受かるわけないじゃない。きちんと勉強しないと。
おたかな
おたかな
 でも、この通信講座を受けている人の合格率は70%なんだよ♪受かったも同然だね!
おさかな
おさかな
 教材は合格までの道筋を立ててくれるものなのよ。勉強しないで受かるわけないじゃない・・・

こうならないように頑張りましょう。

・宅地建物取引士は国家資格で1度取ったら一生物
・資格取得までの勉強時間の目安は一般的に250~300時間(個人差があります)
・独学・通信講座・通学それぞれにメリット・デメリットがある(おすすめは通信講座)
・資格取得までの費用は勉強形態によって大幅に変わってくる

私は資格を取る前まではなかなか仕事が決まらず派遣で働いて月給12万円弱でした。
履歴書を持って面接に行ってもなかなか就職が決まらずに、面接もなしに履歴書だけが不採用で戻ってきたことも何度もあり心も折れかかっていました。
派遣で働きながらなんとか資格を取得して、たまたま募集していた不動産会社に面接に行ったら今までの努力はなんだったの?という感じで、即採用になりました。
この資格を取得したおかげで就職出来てもうかれこれ10年以上同じ会社で働いており、会社からいただく給料だけで年収は400万円以上あります。
子供の人数にもよりますが、私の場合は年収400万円以上あれば住宅ローンも通って自分の家を建てることが出来たし欲しいものは大体買うことが出来るし、旅行にも行けるし貯金もそれなりにすることが出来ます。
もし、今なかなか仕事が決まらない、収入が足りないなら資格取得はそれを打破する可能性があるので人生の中でここは踏ん張りどころと勉強してみてはどうでしょうか?
私は人生の中で3年ぐらいは勉強を頑張ろうと思い、資格取得まで勉強中心の生活を送ってきましたがあのときに頑張っておいて本当に良かったと思っています。
この記事を見てくれている皆さんもぜひ資格取得して正社員目指して頑張っていただきたいです!

ダイエットのみかた